乳児湿疹なう!

赤ちゃんの顔に乳児湿疹ができてしまったら

 

赤ちゃんに発生した乳児湿疹、なかなかよくならないので心配になりますよね。

 

雑誌とかの赤ちゃんの肌ってかなりキレイなので、余計自分の子供の肌が大変なように感じてしまいます。

 

 

顔、もちろん体もですが、乳児湿疹はそのまま放っておくと症状が悪化して感染症等になることがあります。

 

赤ちゃんのことを考えるのなら、できるだけ早く治してあげたいです。

 

 

乳児湿疹には種類がある!

乳児湿疹と一言に行ってしまっていますが、顔に出来た乳児湿疹には種類があります。

 

症状によって治し方が違いますので、赤ちゃんに合った治し方をしましょう;。

 

 

1、カサブタやニキビができている

 

2、赤い湿疹がボツボツできてる

 

 

あなたがのお子さんの症状はどちらですか?

 

クリックするとその症状の詳細とケア方法がチェックするので、当てはまる方をクリックしてみてください。

 

 


 

1、カサブタ状のものやニキビができている

カサブタやニキビが発生しているのは、赤ちゃんから出ている皮脂が原因です。

 

皮脂自体を止めることはできないので、きちんと洗ってあげることが重要になります。

 

 

また、カサブタみたいなものは優しくとってあげましょう。
>>乳児湿疹のカサブタの取り方はこちら

 

 

皮脂自体はお湯で流すだけでは落ちません。

 

きちんと石鹸を使って洗う必要があります。
>>赤ちゃんにおすすめの石鹸をチェックする

 

 

 

 

2、赤い湿疹がボツボツできてる

これはずばり、乾燥が原因で発生してしまった乳児湿疹になります。

 

あなたも肌が乾燥したときとかに、肌荒れがあったりしませんか?
それとまったく同じことが赤ちゃんにもおこっているんです。

 

 

かゆみが発生することもあり、赤ちゃんが掻きむしってしまい血が出たりとかなり大変。

 

 

乾燥が原因なわけですから、大事なのは『保湿』をするということ。

 

赤ちゃんのこと、きちんと保湿していますか?
また、ちゃんと効果がある保湿剤を使っていますか?

 

 

赤ちゃんは肌がとっても弱いので、きちんと保湿をしてあげてください。
>>赤ちゃんにおすすめの保湿t剤を見る

 

 

 

 

どれくらいでよくなる?

乳児湿疹は、対策すれば一日でよくなるというわけではありません。

 

湿疹等も一日でできたわけではありませんからね。
でも、毎日しっかりとケアをしてあげれば、自然と良くなっていきます。

 

 

顔、頭皮を毎日お風呂で洗う。
そのあと保湿もする。

 

 

これで乳児湿疹の多くはケアできるでしょう。

 

 

もちろん間違った方法や、よくないベビー用製品を使っていればよくなりませんし、そのそもそもただの乳児湿疹ではない可能性もあります。

 

 

病院にいってみてもらうのが手っ取り早い方法ではありますが、次期によってはインフルなんかもありますからね。

 

また病院に行くにしても、一か所だけではなく複数行く必要があります。

 

一つの病院だけだと、よくない診断が下される可能性もありますから。

 

実際お医者さんの指示通りにやっているのに全く治らないというケースもありますので、病院に行く際は注意してください。