乳児湿疹顔治し方

赤ちゃんの目の周りに湿疹がある方はこちら!

 

 

目の周りだけブツブツとできてしまった湿疹、やっぱり可愛そう。

 

なかなか良くならないし、かゆそうだし、ママとしても何をすればいいのかわからなくて、正直ストレス溜まっちゃいますよね・・・。

 

 

でもやっぱり、ぷにぷにのかわいい肌みたいですし、赤ちゃんにも楽になってほしいです。

 

目の周りの湿疹の原因や対策方法について紹介しているのでぜひ参考にしてください。

 

 

目次

  1. 乾燥で肌が弱まる!
  2. 意外と刺激が多い目の周り!
  3. 心配・・・アトピーの可能性は?
  4. 保湿で刺激に負けない肌に!

 

 

乾燥で肌が弱まる!

 

ブツブツ湿疹ができてかわいそうな状態の赤ちゃんなんですが、やっぱり【乾燥】によって起こっていることが多いです。。

 

お肌がカサカサ乾燥してしまうと、いつもだったら肌を守ってくれているバリアがしっかりと働いてくれなくなっちゃうんです。

 

 

そのため、外からぐさっと来る刺激も防げないので赤ちゃんの肌がブツブツ湿疹になってしまいます。

 

目の周りは皮脂も少なめなので、乾燥している可能性高いんですよね・・・。

 

 

 

意外と刺激が多い目の周り!

目の周りの皮膚へ刺激を与えてしまうものは、ふわふわ空気中にあるものばかりではありません!
特に赤ちゃんに関しては・・・。

 

  • 目ヤニや涙を拭く
  • 眠気で目をこする

 

バリアが弱くなってしまった肌に、これらの刺激が続々と来ることでどんどんダメージになってしまいます。

 

赤ちゃんってうわーーーーんとよく泣きますよね。
涙をなめてみればわかりますが、しょっぱいんですよ。

 

つまり塩分が含まれているということで、塩分による皮膚の刺激にもなっちゃうんです。

 

 

 

心配・・・アトピーの可能性は?

目の周りの湿疹というともう一つ心配なことが『アトピー』。

 

アトピーというと、肌が真っ赤になってボロボロとした皮膚で・・・というようなイメージがありますし、悩んでるママさんたちも大変そうなので本当に心配

 

 

でも実際アトピーかどうか判断するのは、ある程度月年齢がたってからになります。
生まれたばっかりだと病院でも乳児湿疹とアトピーの違いがわからないんです。
乳児湿疹とアトピーの見分け方

 

 

でもやっぱり病院に行って診察をしてもらうというのはとっても大事です。

 

症状がひどければそれをスッと抑える薬ももらえますから、お医者さんから処方された薬はヌリヌリと塗っておきましょう

 

 

目の周りの湿疹をケアしたい!

 

 

目の周りは清潔にしましょう!

 

色々な汚れが赤ちゃんの肌への刺激となってしまうこともあるので、赤ちゃんの顔も毎日洗ってあげてください。

 

「顔を洗うのってちょっと怖い」

 

確かに赤ちゃんの目に入っちゃったらどうしようとか色々考えてアワアワしちゃいますが、丁寧にあらってあげれば大丈夫です。

 

 

水分少なめのモコモコの泡を作るとたれにくいので洗いやすいですよ!

 

石鹸の洗い残しもよくないので、シャワーでジャーではなくチョロチョロ~ぐらいの強さだったら赤ちゃんも怖がりにくいので、それでサーッとながしてあげてください。

 

 

 

保湿をしましょう!

 

肌がカサカサして湿疹ができているならやっぱりたっぷり保湿をしてあげるのが大事。

 

 

ママの指先に保湿剤を広げて、細かくポンポンとパウダーファンデをつけるように塗ってあげてください。

 

いっぱい付けるとブチュッとなって目に入ったりするかもしれないので注意!

 

 

保湿剤については、できるだけ赤ちゃんの肌がプルプル潤うものと、成分が肌に優しいものをチョイスしてあげましょう。

 

効果がない保湿剤を毎日ヌリヌリしても意味ないですからねぇ・・・。

 

 

>>ママに人気のベビー用保湿剤のおすすめはこちら

 

 

強く拭かないのも大事!

赤ちゃんがワンワン泣いちゃった時、目やにを取る時。

 

目の周辺をゴシゴシとガーゼでやっちゃうのは良くないです。

 

 

保湿剤を塗る時みたいにポンポンと押し当てるように拭いてあげると肌にダメージを与えずに汚れを取ることができます。

 

手口拭きとかだったらさっと使えるから便利ですよね。