赤ちゃんのお腹がカサカサしてるのはこれが原因!

お腹のカサカサは乾燥がやっぱり悪い!

 

赤ちゃんのお腹を触ってみると、つるつるだったはずがいつの間にかカサカサに。

 

カサカサしているという触り心地からわかりますがやっぱりこれは乾燥です。赤ちゃんのお腹の皮膚が乾燥してしまっている証拠。

 

 

そして皮膚にとって乾燥というのは天敵ですから、やっぱり良くない状況なのは明らかです。赤ちゃんのうちはとっても肌が弱いため様々な問題が相次いで発生しますし、子育て自体も結構たいへんで精神的にも追い詰められてしまうと思います。

 

ですが、赤ちゃんは自分自身で何もできません。
頼る事ができるのは親であるあなただけなんです。大事な子のためにも今のうちから落ち着いてケアしてあげたいですね。

 

 

 

お腹の皮脂は少なめ!

 

皮膚が乾燥を防ぐためには『皮脂』の存在が欠かせません。
とはいってもこの皮脂がありすぎることによってブツブツの新生児ニキビやかさぶたみたいな脂漏性湿疹ができたりするのですが、適度な量として皮脂はあったほうがいいんです。

 

でもある時期赤ちゃんは皮脂が少なくなりますし、特にお腹というのは皮脂が少ないところですから余計に乾燥しやすいのでしょう。

 

他のところはカサカサしてないけど、お腹だけ・・・という場合もやっぱり体の場所によって乾燥しやすさは変わるためカサカサになったりならなかったりするわけです。

 

 

肌がかんそうしていると外からの刺激で荒れちゃいますから、カサカサは放置しないほうがいいですね。

 

 

赤ちゃんがかゆがってない?

あなたも冬などに肌がかさかさしていると、かゆみを感じることってありませんか?
私はよく太ももが乾燥してすっごく痒くなるんですが、この感想によるかゆみは赤ちゃんも一緒です。

 

 

痒いと赤ちゃんが引っ掻いて傷と作る可能性があるので、痒がっているようならかゆみ対策が必要ですね。

 

ある程度成長すれば、「かいちゃだめだよ!」といえばそれでおさえてくれるんですけど、現在だとこっちの言葉が伝わっていないでしょうからダメと言っても掻いちゃいます。

 

 

かゆそうでないならいいのですが、かゆみを感じているならかゆみケアもしてあげてください。

 

 

 

赤ちゃんにあった保湿をしてあげて!

 

保湿なんか全然してなかった!という場合はそりゃ乾燥して当たり前じゃん。
って感じなのですが、おそらくあなたは保湿はしてるんだけどなぜかお腹だけカサカサ・・・という状況なのではないでしょうか。

 

保湿をすれば赤ちゃんの乾燥は絶対に良くなってバッチリ!ということはありません。
『保湿をすれば』ではなく、『しっかりと効果のある保湿ができていれば』が正しいですね。

 

  • 保湿をする時にケチってあんまり塗ってない
  • 保湿はしてるけど部屋が乾燥しがち
  • 塗る回数が少ない

 

また、保湿剤が赤ちゃん似合っていない場合も同じく塗ってるのにカサカサという状態が続いてしまいます。

 

絶対に赤ちゃんに合う保湿剤というものは、どこを探してもありません。色々使ってみて合うか合わないかをみんな探しているんです。
お医者さんでもらうものが合わないという子もいるくらいですからね。

 

 

保湿剤お腹に塗っているのに、今だにカサカサしてるよ~って時は塗る保湿剤を変えてみてください。

 

大事で可愛い赤ちゃんですからね、ちゃんとあっているものを使ってあげたいです。
それにこういったケアをするのも今だけですからね~。

 

成長するに従ってお肌のケアもいらなくなってくるでしょうし、もっと大きくなれば自分でケアし始めますもんね。
嬉しくもありちょっと寂しいかも?

 

 

>>赤ちゃんにおすすめの保湿剤はこちらで紹介しています