赤ちゃんの足がカサカサしているのはこれが原因かも!

赤ちゃんの足がカサカサ乾燥してる!

 

赤ちゃんの足ってみてるだけでめちゃくちゃ可愛いですよね。
まだ立って歩かない分、足もすっごい柔らかいですしそれでももぞもぞと動かす仕草は萌えが詰まってます!

 

 

でもそんな可愛らしい足がツルッとしていないでなんだかカサカサ…
やっぱりそのままというわけには行きません。

 

足がカサカサしているのはやっぱり乾燥なわけで、足といえども乾燥しっぱなしだと湿疹になったり赤ちゃんがかゆみで傷をつけちゃうこともありますからどうにかしてあげたいです。

 

 

普段から保湿をしてない!という人は確実にそれが原因ですから、すぐ保湿してほしいです。
ただ、保湿しているのにカサカサ・・・という場合は何かしら原因があるはずです。

 

 

 

足の保湿の仕方を見直してみましょう

 

普段から保湿してるのになぜかなかなか良くならない・・・という場合、きちんと保湿ができていない可能性が高いです。

 

たとえば保湿の仕方。
保湿をする時しっかり足まで塗れていますか?

 

また塗る量が少なくなっていませんか?薄く伸ばして使ってもあんまり効果ないのでしっかりつけてあげないといけません。

 

あとは足に塗るときは上から下向き(腰から足先)に向かって優しくつけてあげてください。

 

 

あとは部屋の湿度。
夏はまあ大丈夫だとは思いますが、冬とか秋にかけて部屋の湿度が急激に下がりますからそれも乾燥の原因。

 

私達だって冬は乾燥で肌があれますからそれと一緒ですよ。

 

 

 

保湿剤はちゃんと塗らないと意味がない!

 

赤ちゃんの肌がどれだけ乾燥しているのか、どれだけ保湿をすればいいのかというのは赤ちゃんによって全然違います。

 

もちろん上で紹介した塗り方による違いもあるでしょう。
適当にぽいぽいっとやっていたらしっかりと保湿できてないことのが多いでしょうからね。どうしても顔とかに注意が行きがちで最後のほうにやる足はおろそかになってしまいますから。

 

 

塗るときはだいたい沐浴後だと思います。
沐浴後に塗るのはもちろんナイスなんですが、それだけでは足りないこともありますから適度に日中も塗ってあげるのがいいでしょう。

 

 

 

 

赤ちゃんに合う保湿剤を選んであげて?

 

保湿を頑張っているのに足がカサカサのままなのは、保湿剤があっていないことも影響している可能性が高いです。

 

赤ちゃんに合う保湿剤ちゃんと選んであげていますか?
赤ちゃんといえどもその子その子で体質が違いますから、あなたのお子さんにあった保湿剤を選んであげないといけないんです。

 

 

保湿剤を塗っているのに足がカサカサ・・・ということなので、保湿剤をかえてみてはどうでしょうか。

 

どの保湿剤をつかえばいいのかというのは実際に使ってみないとわからないことなので「これなら絶対に効く!」というのはありません。

 

 

一応こちらのページでおすすめの保湿剤は紹介していますので、選ぶときの参考にしてください。
>>乳児湿疹におすすめの保湿剤ランキング