生後二ヶ月の子の肌がカサカサしてる時はコレが大事!

生後二ヶ月のお肌の乾燥問題!

 

赤ちゃんの肌って私達の想像とは全然違う感じに育っていって、嬉しい半面ちょっと不安になりますよね。

 

生後二ヶ月の赤ちゃんの肌、まだまだ小さいので少しの変化でもかなり気になってしまいます。

 

 

すでに赤ちゃんの肌がカサカサしているとのことですが、やっぱりその状態はよくないです。
一応生後3,4ヶ月ぐらいからカサカサし始めると言われていますからそれに比べるとちょっと早い感じですね。でも個人差でしょう。

 

 

 

生後二ヶ月は乾燥シーズン真っ只中!

 

赤ちゃんは生まれてから数ヶ月の間、皮脂がたくさん出る期間があってそれはそれで色々と肌トラブルが起こるんですが、それが収まってくると今度は乾燥が始まります。

 

今まさに赤ちゃんの肌がカサカサしてしまっているということはすでにお子さんはこの期間に突入してしまっている可能性が大!

 

生後二ヶ月はまだまだ体が未発達なので、どうしても色々なところに問題も出てきます。
だからこそしっかりとあなたがケアしてあげないといけないんです。

 

 

逆に言えば、生後二ヶ月の時点で乾燥してしまうのは仕方がないことですし、すごい慌てなくても大丈夫。

 

落ち着いてカサカサ対策していきましょう!

 

 

 

乾燥性の湿疹に注意!

今、赤ちゃんの肌を触ってカサカサしちゃってるとのことですが、体や顔を見て湿疹なんかは出ていませんか?

 

カサカサと乾燥していると肌が弱っているので湿疹なんかが起こりやすくなります。
生後二ヶ月ぐらいからやっぱり湿疹でブツブツになったりするので、結構見るのも辛いことになる子も多いんです。

 

 

なかなかひどい湿疹になってくるとさすがに保湿だけすればいいに収まらず薬で症状を抑えたりしないといけないですからね・・・・。

 

 

また、赤ちゃんの仕草を見て体のどこかを痒がっているようならそれにも気をつけたほうがいいです。かゆみによって引っ掻いて傷を作ったら大変ですから。

 

 

 

 

早急に乾燥対策を始めましょう!

 

赤ちゃんの保湿は生まれてすぐから行うとアトピーの発生率が下げられると言われるぐらい重要なものです。
普段からきちんと保湿してあげていますか?

 

保湿は一応してるのになぜかカサカサ・・・。そういうことも結構あります。
保湿ができてるかできてないかって目で見てすぐにわかるものじゃないので、毎回塗るたびにこれでいいのかな?ってちょっと疑問に思うくらいですもん。

 

 

ではどうしたら生後二ヶ月から始まったカサカサ肌を対策できるのでしょうか。

 

 

部屋の湿度には気をつけて!

意外と忘れがちなのがこの湿度の問題。
湿度ってパッと分かるものじゃないので、結構適当になりがちじゃないですか?

 

赤ちゃんのことが考えなかったら普段の生活で家の中の湿度なんて見たりしないですもん。でも赤ちゃんがいるのなら、きちんと湿度は整えてあげたほうがいいです。

 

いくら保湿を頑張ったりしても湿度がカラッカラだとそりゃ赤ちゃんの肌も乾燥しちゃいますよ。

 

 

ちなみに湿度は季節に関係なく40~60%ぐらいなので、湿度計をみて調整してください。
加湿器をつかったり、濡れた布(衣服等)を部屋干しでも調整できます。

 

 

 

やっぱり大事なのは日頃の保湿!

 

もちろん一番やるべきなのは、保湿クリーム等を使って保湿をしてあげることでしょう。

 

今もうすでに保湿剤とかを塗ってるのに良くならない!という場合は、今使っているものが赤ちゃんにあってないのかもしれません。

 

確実にこれがいい!というのはないのですが、赤ちゃんに合う物を見つけて使ってあげましょう。

 

 

当サイトのおすすめはこちらのページで紹介していますのでぜひ参考にしてください。
>>赤ちゃんにおすすめの保湿剤ランキングを見る

 

 

生後二ヶ月の現在、まだカサカサな状態なわけなので、今からしっかりと赤ちゃんのお肌のケアをしてあげていればそこまでわるくなるということは少ないはずです。

 

もちろん今後アトピーとかアレルギーとかあるかもしれませんが、乾燥していていいことは何もありませんのでしっかりと赤ちゃんの肌を守ってあげましょう。