赤ちゃんのほっぺがひび割れちゃってる!

ほっぺのひび割れは乾燥のサイン!

 

赤ちゃんの肌が乾燥しやすいといっても、普段からしっかり保湿できていればそこまでひどくなるということはありません。

 

でもひび割れてしまっているとということはそれだけ赤ちゃんの肌が乾燥してしまっているということでもあります。

 

そしてなによりひび割れて痛々しい赤ちゃんの肌を見るのはとっても可愛そうですよね。流石にひび割れている状態で赤ちゃんを放置するなんてこともできません。

 

 

感想によって今後他の肌トラブルになる可能性もありますし、ひび割れが悪化することもあるので、きちんとケアしてあげたいですね。

 

 

ひび割れが起こる原因は乾燥!

 

赤ちゃんの皮膚がひび割れてしまうのはなぜなのか、について知っておいたほうがいいかと思います。

 

ひび割れは当然、赤ちゃんの皮膚が乾燥してしまっているのが原因です。

 

乾燥してくると最初は肌がかさかさしているくらいなのですが、その後白い粉を吹くようになり、そして皮膚がひび割れてきます。
この段階でかなり皮膚の乾燥が進行しています。

 

乾燥することで角質層の柔軟性がなくなり皮膚のシワに沿って割れていく感じです。

 

正月の餅おをずっとおいておいた結果、バリバリに割れちゃってるみたいなものです。

 

 

 

バリア機能が低下中!

ひび割れしているという見た目的な痛々しいところもあるのですが、問題なのがバリア機能が低下してしまっている点。

 

皮膚が乾燥すると、外からの刺激を防ぐためのバリア機能がちゃんと働かなくなるので、赤ちゃんの皮膚が無防備な状態になってしまいます。

 

色々と刺激にあなるものが赤ちゃんの皮膚に触れて湿疹を起こすということもあるでしょうし、あとはかゆみも心配。

 

 

ひび割れてしまっているぐらいですから相当な乾燥ですし、赤ちゃんがつよいかゆみを感じているかもです。
バリア機能が低下して外からの刺激をうけやすくなる。

 

 

 

ひび割れてると痛い!

ひび割れているところがどんな感じになっているのかにもよるんですが、あまりに症状がひどいと赤ちゃんが痛みを感じてしまっている可能性もあります。

 

見ているこっちも辛いですが赤ちゃんにとっては更に辛い状況ですね。

 

刺激があるとそれだけ痛みもありますし、赤ちゃんは結構ほっぺをグリグリとこすりつけたりもしますからマジで辛い状況かと。

 

お風呂入るときもしみたりする可能性もあるので注意してあげてください。

 

 

 

肌を乾燥させないよう保湿をしよう

 

とにかく赤ちゃんのほっぺがひび割れているというのはつまり乾燥しているということですし、当然良い状況とはいえません。

 

なので乾燥をどうにかするために保湿をしてあげないとですよね。

 

 

保湿自体あなたもしていると思います。保湿をしてないのなら明らかにそれが良くないのですぐ保湿してあげましょう。

 

 

一方保湿をしているのにほっぺの乾燥が良くならないという場合は、保湿剤を変えてみてください。

 

保湿剤にも色々な種類がありますし合わない保湿剤を使っても意味がありません。赤ちゃんに合う保湿剤を探してあげましょう。

 

 

>>赤ちゃんにおすすめの保湿剤の紹介記事はこちら

 

 

 

あまり洗いすぎないのも大事。

乾燥を防ぐたえには皮脂が大切です。
もともと皮脂が少ないので乾燥してしまうのは仕方ないのですが、赤ちゃんの体を洗うときに皮脂を落としすぎてしまうと余計に乾燥する事になります。

 

汚れを落とすのも大事なのですが、あまり落としすぎないようにしてあげてください。

 

洗浄力が強い石鹸をつかったり、一日に何度もベビーソープで洗うのはよくないです。