赤ちゃんの乾燥による湿疹は母乳のせい?

母乳のせいで乾燥性の湿疹ってできるの?

 

赤ちゃんの乾燥による湿疹、体中に出てくるとやっぱり見ていてかわいそうになってきます。

 

まあ実際本当に辛いは赤ちゃん自身だとは思いますが、自分の大事な我が子の肌がこんなにも湿疹だらけになってしまっているのを見ると見るだけで辛いです。

 

何が原因なのかとかを考えているうちにやっぱり自分のことを攻めてしまいますよね。
周りの同じ年代の赤ちゃんの肌がきれいなのを見てしまうと、「やっぱり自分の何かがまちがってるんだ・・・」と感じてしまいます。

 

 

赤ちゃんに影響があるものは色々ありますが、やっぱり気になるのが毎日与えている母乳のこと。

 

 

 

乾燥の湿疹は母乳が原因なの?

 

完母の場合、赤ちゃんの栄養源は母親であるあなたの母乳しかありません。つまり良くも悪くも母乳が赤ちゃんのすべてを作ることになります。

 

だからこそお母さんが食べたらだめなものとか、量を考えないといけないものがあるわけです。

 

赤ちゃんの皮膚が乾燥してできる湿疹、なかなか治らないのを見るとこの乾燥も母乳が原因なのでは?と思ってしまいます。

 

 

でも実際そこまで問題じゃありません。
もちろんアトピーとかもありますし、すっごい偏食だったら原因になるかもしれませんが、普通にバランス良く食べているのならそこまで心配ないでしょう。

 

100%母乳が悪くないとはいえないでしょうが、乾燥によって出ているような湿疹ならば母乳自体の質はそこまで関係ないでしょう。

 

 

赤ちゃんにおこることはすべて母乳が原因というわけではありません。

 

 

偏食には注意。

もちろんだからといってなんでもたべていいわけじゃないです。
母乳が影響ないんだから好きなもの好き放題たべてもいいじゃーん!となってしまってはやっぱり危険。

 

乾燥湿疹はそれほど問題ないだけで、母乳から伝わってしまうよくないものはあります。

 

普段から偏った食事をしてしまっている自覚があるのなら、これを気に改善してみるといいでしょう。

 

 

でもしばりすぎはNGかなーと個人的には思います。
あまり、母乳のことを考えすぎて自分が好きなものを徹底的に我慢すると、あなた自身が疲れちゃいます。

 

普段から大変で、今回も自分のせいだってせめちゃうくらいなわけですから、かなりの精神的負担もあるかと。
それがストレスになって、育児がつらくなるとほんとガクン精神的ダメージがありますから、適度に肩の力を抜きつつ楽しく子育てをしてほしいです。

 

 

 

 

乾燥性の湿疹ならやっぱり保湿

 

乾燥によって起こる湿疹は赤ちゃんにとってかなり身近な肌トラブルです。
なので、そんなに自分のことを責めないでください。

 

乾燥によって起こるわけですから、やっぱり大事なのは保湿をするということ。

 

 

でも保湿をしているのに乾燥がよくならないからこそ今のようにこまってしまっているわけですよね。保湿とはいってもただ保湿クリーム等をぬればいいわけじゃないです。

 

保湿クリームの効果も体質によって変わりますから、あんまり効果がないってことがあります。なので、今塗ってるのに効果がない場合は違う保湿剤に変えてみましょう。

 

 

保湿剤はどれがいいの?

どういう基準で保湿剤を選べばいいのか難しいですよね。

 

商品が沢山ありすぎて何がいいのかもわかりませんし、なんか良くないのを使って逆に赤ちゃんの肌が荒れてしまったら最悪です。

 

 

とはいっても絶対に赤ちゃんの乾燥が良くなるものというのはありません。どんなものでも体質によって効果が変わりますから、合わない子には合わないんです。

 

なので、あなたがたくさんの保湿剤の中から赤ちゃんに合う物を探してあげないといけません。大変ですけどね。

 

 

当サイトのおすすめの保湿剤はこちらのページで紹介していますので、保湿剤選びの参考にしてください。
>>乳児湿疹におすすめの保湿剤ランキングを見る