乳児湿疹顔治し方

乳児湿疹は体にも出来る?体に出来た湿疹対策

 

 

乳児湿疹といえば頭皮に出来るかさぶだったり、額に出来るニキビというイメージが強いです。
でもじゃあ今この体に出来てしまっている湿疹はなんなの?
とおもう方も多いでしょう。

 

この乳児湿疹ですが、これは様々なものを纏めて乳児湿疹といっているので、一つではないんです。

 

 

体に出来たのも乳児湿疹

現在体に出来てしまっているのも一つの乳児湿疹です。

 

乳児湿疹として有名なニキビととか脂漏性湿疹は赤ちゃんが過剰に分泌している皮脂が原因となります。
赤ちゃんのおでこがべたべたする原因

 

赤ちゃんは生まれてから3ヶ月くらいまでは皮脂がたくさん分泌されるというのは、結構色々なサイトでもいわれていますよね。

 

だからそこまでは乾燥しない。
なんて意見も時々見かけます。
しかしこれは大きな間違いです。

 

体の湿疹は乾燥によるもの
生まれてから3ヶ月くらいまでは確かに皮脂がたくさん分泌されます。
ですが、実際たくさん分泌されているのはおでこや頭だけなんです。

 

そのため体はほとんど皮脂がでてしません。
ということは当然のことながら皮脂がないわけですからどんどん乾燥していってしまいます。

 

 

現在体に乳児湿疹が出来ているということですからこれは、乾燥によって肌のバリア機能が動いていない証拠です。、
そのままにしていても乾燥がよくなることはありませんから放置すればさらに湿疹が酷くなるでしょう。

 

 

 

 

保湿してあげてください!

赤ちゃんの体にできてしまった乳児湿疹をケアする方法は保湿をしてあげるということが重要です。
乾燥には保湿!
これは女性ならば毎日やっている人が多いでしょうから重要性がわかるとおもいます。

 

皮脂がたくさん分泌される期間、されない期間関係なく赤ちゃんはきちんと保湿して肌を守る必要があります。

 

 

毎日きちん赤ちゃんの肌を保湿してあげていますか?
皮脂があるかとおもって保湿をしていなかったという人が結構多いですが、すぐに保湿をするようにしてください。

 

赤ちゃんの肌の厚みは大人の2分の1しかありません。
しかも皮脂もあまりでませんから親が保湿をしてあげない限り、湿疹等がどんどんおきてしまうでしょう。

 

保湿剤を選ぶ条件は?

保湿をする際にほとんどの人は保湿剤をつかいますが、どういった保湿剤を使えばいいのかちょっと紹介します。
保湿剤を購入する際はこの3つの点に気をつけてください。

  • 保湿効果がしっかりとある
  • 赤ちゃんが使っても問題のない成分
  • 保護の効果がある

 

この3つのポイントが赤ちゃんが保湿剤を選ぶ際に重要になるポイントです。
保湿効果は当然当たり前ですよね。

 

成分に関してはやはり肌が弱い赤ちゃんですからきちんとこだわって欲しいポイントです。
保護は潤いを逃がさないのと外からの刺激をガードするやくわりがあります。
赤ちゃんにおすすめの保湿剤はこちら