乳児湿疹顔治し方

乳児湿疹は背中にも・・・そのケア方法はこちら

 

赤ちゃんの背中を見たら赤いボツボツしたものがいっぱい・・・

 

なんでこの湿疹が発生しているの?どうしたらいいの?
と悩むお母さんも多いです。

 

顔とか頭皮ならばどういうものかというのが想像つきます、多くのサイトでも対処方法とか載っています。
でも背中ってあんまり書いてるサイトないんですよ・・・

 

もしかしてアトピーなんて心配もありますしね。

 

 

 

乳児湿疹は背中にも出来る

乳児湿疹というのは顔だけに出来る・・・・わけではないんです。

 

乳児湿疹というのはその名の通り乳児の時に出来る湿疹で、それらをまとめて乳児湿疹といいます。
手足にも!気になる手足の乳児湿疹対策

 

 

なので顔とかに出来る湿疹ももちろんですが、今回のような背中に出来る湿疹も乳児湿疹の一つなんです。

 

 

 

顔だけが乳児湿疹ではない

顔に出来るものだけが乳児湿疹という風におもわれる方というのは結構多くて、どうやらどこかのサイトにそうかいてあるみたいですね。

 

恐らくこの顔に出来るといっているのって脂漏性湿疹とかニキビのことを言っているんでしょう。

 

確かにこれらも乳児湿疹ではあるのですが、ニキビや脂漏性湿疹などの乳児湿疹って『皮脂が多い』のが原因なんですよね。

 

 

今、あなたの赤ちゃんに起こっている背中の乳児湿疹は、乾燥が原因です。

 

 

 

 

皮膚が乾燥してしまっているのが原因

赤ちゃんの皮膚がとってもデリケートだということはしっているとおもいます。

 

皮膚の厚みも大人の半分しかないくらいですからね。

 

 

ただきちんと皮膚のバリア機能が動いていれば肌をしっかりと守れるのですが、乾燥するとそのバリア機能がうまく動かなくなりどんどんダメージをうけてしまいます。

 

赤ちゃんは肌が薄く、皮脂もそこまで出ませんので満足に潤いを保つことが難しいんです。

 

 

 

背中に乳児湿疹が出来てしまっているということは背中が乾燥してしまっているのでしょう。

 

赤ちゃんは生まれてから数ヶ月は皮脂が出るから保湿をしなくてもいいというのは大きな間違いです。

 

 

皮脂がたくさんでているのは額と頭皮だけですので他はすべて乾燥してしまいます。
赤ちゃんのおでこがべたべたする原因

 

 

 

保湿をしましょう

 

背中の乳児湿疹について悩んでいるわけですから、とりあえずきちんと原因となっている乾燥を対策するために背中を保湿してください。

 

 

ちなみに出来れば背中だけじゃなくて、手足やお腹、顔とかも保湿してあげるようにすると、その他の場所で湿疹が起きないようにすることができます。

 

 

保湿剤に関してはお母さんがいつも使っているものを使うと赤ちゃんのデリケートな皮膚によろしくない成分も入っているかもしれませんのできちんと赤ちゃん用のものをつかってあげてください。
赤ちゃんにはこちらの保湿剤がおすすめです

 

 

保湿できちんと肌に潤いを与えれば肌のバリア機能が働きますから、湿疹を起こさないようにすることができます。

 

もちろん今現在湿疹が起こってしまっている方でも保湿をしてあげれば抑えることができるはずです。

 

 

 

アトピーかどうかは分からない

体や背中に湿疹ができているということでアトピーかも!
と心配になる方も多いとおもいます。

 

やはりアトピーだと色々とまた対策をとらなくてはいけないわけですから心配になりますよね。
ですが、ただ背中に湿疹が出来ているだけではアトピーと判断することはむずかしんです。

 

でもアトピーもその症状がでてしまうのは肌が乾燥してバリア機能が働いていないせいですのできちんと保湿をしてあげればきちんと症状を抑えることができます。