乳児湿疹顔治し方

乳児湿疹で鮫肌みたいになるの?鮫肌ケアも紹介

 

『鮫肌みたいになるのは、仕方がない』

 

なんて言われることもありますけど、やっぱりママとしては大事な赤ちゃんの肌がこんなザラザラなわけですから、とっても心配になります。

 

 

 

赤ちゃんのお肌といえば「もちもちで潤ってる♪」というイメージがあったのでその分の鮫肌状態はなかなか辛いものがあります。

 

赤ちゃんのためにもこのザラザラ鮫肌はケアしてあげたいですね。

 

 

鮫肌は、赤ちゃんの肌が弱ってる証拠

 

今の鮫肌みたいな状態は、乾燥によって起きています。

 

それはつまり、赤ちゃんの肌が守られていないということ。

 

肌が乾燥すると本来あるバリア機能がしっかりとはたらいてくれなくなるため、外から刺激を受けやすい状態になってしまいます。

 

 

ブツブツとかわいそうなぐらい乳児湿疹が起こったりもしますし、真っ赤になるオムツかぶれも起こりやすくなります。
うんちとかおしっこはそれ自体が肌への刺激になっちゃいますからね・・・。

 

 

症状がひどくなってくれば、悪化しないために強制的に症状を抑えないとなので、ステロイド等を使うことにもなるでしょう。

 

かわいい顔して笑う赤ちゃんが、湿疹だらけになって泣いている姿。
ママとしては想像したくないです。

 

 

ママ友とか、自分や旦那さんの両親なんかにも「しっかりケアしてないんじゃないの?ちゃんと子育てしてるの?」なんて言われたりして・・・。

 

『赤ちゃんの肌=ぷにぷにでキレイ』
このイメージがある分、そうじゃない赤ちゃんはママがしっかりとケアしていないと思われてしまいがち。

 

 

意外と病院だったり、ママ同士の集まりに行くと肌のキレイな子ばっかりで、「あれ・・・うちの子だけ・・・」なんてことも。

 

 

 

赤ちゃんのスキンケアはしっかりと!

 

乾燥への対策は保湿。
でも保湿しているのに鮫肌状態・・・。

 

 

それは、あなたが赤ちゃんのお世話をサボったりしているわけではなく、使っている保湿剤のせいかもしれません。

 

保湿剤といっても色々種類がありますから、ちゃんと効果がある保湿剤、微妙な保湿剤があるんですよね。

 

もちろんそれぞれ個人差があるので、赤ちゃんに合ったものを探すのは本当大変です。

 

 

保湿をしてもなかなか良くならず、ザラザラ状態の肌を見るたび心配という気持ちと「ごめんね」という気持ちがぐっと出てきます。

 

でも、それをどうにかできるのはあなたしかいません。
赤ちゃんは自分でお肌のケアができませんから、あなたが赤ちゃんを乾燥から守ってあげるんです。

 

 

赤ちゃんにはForFamの保湿剤

 

ForFamの保湿剤は、ローションタイプとミルクタイプの2つがあるのですが、どちらも保湿成分セラミドをたっぷり配合しています。

 

セラミドは、肌に水分を保持しておくのに大切な成分。
赤ちゃんの肌を守ってくれる成分です。

 

ローションタイプの方は、アレルギーのことをより考えて作られているので、「うちの子、もしかしたらアレルギーかもしれない」そんな気持ちがある方でも使いやすくなっています。

 

 

ぷにぷにの肌になった赤ちゃんは本当に可愛くて、ずっと触っていたいくらいです!

 

周りの人にも羨ましがられちゃう肌、むしろママもこんな肌になりたいっておもっちゃいますよ笑

 

 

大好きで大事な赤ちゃん。
もっとかわいくなって欲しいですね。

 

 

>>ForFamの公式ショップはこちら

 

>>実際にForFamを使ってみた感想記事はこちら