乳児湿疹顔治し方

実は簡単!赤ちゃんの顔にできる白いぶつぶつをケアする方法

 

赤ちゃんのかわいい顔に発生した白いブツブツ。

 

赤ちゃんといえばキレイな肌を想像していた分こういった肌トラブルが起こるとどうしても心配になってしまいますよね。

 

 

顔に発生した白いブツブツは、いわゆる『新生児ニキビ』です。

 

生後3ヶ月ぐらいまでの時期には、結構発生してしまう肌トラブルで赤ちゃんの皮脂が毛穴につまることによって起こってしまいます。

 

 

みんなに発生している身近な肌トラブルではありますが、だからといって何もせずに放っておくのはちょっと危険。

 

 

赤ちゃんにスキンケアは必要ない!という人もいますが、現状の赤ちゃんを見てなにもしないわけには行きませんよね。

 

悪化してないうちに出来る限りのケアはしておきましょう。

 

 

 

 

 

赤ちゃんを洗うのはとっても大事!

 

皮脂が毛穴に詰まってしまうことでニキビは起きているので、きちんとお風呂で洗って上げる必要があります。

 

赤ちゃんの顔を石鹸で洗うのは慣れてないとちょっと難しいんですが、勇気を持って洗っていってください。

 

 

 

洗う石鹸は赤ちゃん用のものを

 

大人みたいにワシャワシャ洗わず、指先でポンポンと当てるように洗っていくと洗いやすいです。
流す時はシャワーをバーっとかけてしまうのが手っ取り早くておすすめ。

 

 

シャワーはよくないというのも聞きますが、よく考えればお腹に中にいた時は周り全部水だったわけですから、顔が濡れる事自体はそんなに問題はないんですよね。

 

ただ、音とか強さは調整して弱めでやってあげないとですけど・・・。

 

 

あと使う石鹸は赤ちゃん用のベビーソープを使いましょう。

 

普通の私達が使うような石鹸だと洗浄力が強すぎてしまうので、赤ちゃんを洗うのには向いていません。

 

 

 

実は保湿がめちゃくちゃ重要!

 

新生児にきびを石鹸で洗って!というのはどこにでも書いてある普通の事なので、あなたもおそらくやってるかと思います。

 

 

 

では保湿はきちんと出来ていますか?

 

 

 

石鹸で皮脂を落とすのは大事ですが、それだけだとより悪化する可能性があります。

 

皮脂が詰まってニキビができる

皮脂を石鹸で落とす

皮脂がなくなった肌が乾燥する

体が乾燥を防ぐために皮脂を出す

たくさん出る皮脂と合わせてまたニキビができる

 

皮脂自体はもともと乾燥を防ぐ役割があるので必要ではあるんですが、過剰に出ることで白いブツブツになります。

 

 

生後3ヶ月ぐらいまでは過剰に皮脂が出る期間なので、しかたがないところでもあるんですが、乾燥してしまって出てくる皮脂に関しては防げますよね。

 

 

 

洗ったあとの保湿が大事!

石鹸で洗ったあとは、きちんと保湿をして乾燥しないようにしてあげてください。

 

ちなみに今はそこまで乾燥してないかもしれませんが、今後乾燥はどんどん悪化していきます。

 

 

それこそ中には泣く泣く強力なステロイドに頼らざるをえないほどになっている子もいますから、白いブツブツだけでなく今後の乾燥のことも考えておいてください。

 

 

 

保湿剤は大丈夫?

 

ベビーソープを使ったあとは保湿をしてあげる必要があるわけですが、保湿剤はちゃんと赤ちゃんに合ったものを使っていますか?

 

 

BGとかエタノール、パラベンなどのことはちゃんとチェックして保湿剤を選んでいますよね?

 

石油系の界面活性剤は有名ですが、パラフィンとかのようなホルモンバランスに影響があるものについても注意しておきたいところです。

 

あと乾燥をケアするわけですから、表皮にはたらきかけてくれるセラミドは大切です。

 

 

保湿剤とは言っても色々な種類があるので、場合によっては悪化してしまうこともあります。

 

 

赤ちゃんにはどんな保湿剤を使えばいいのか。こちらのページを参考にしてみてください。
>>乳児湿疹の赤ちゃんにおすすめの保湿剤はこちら