乳児湿疹顔治し方

乳児湿疹でカサカサ乾燥してる!そんなときのケア方法

 

赤ちゃんの頭にかさぶたのようなものが出来る脂漏性湿疹やニキビなどの乳児湿疹に多くの方が悩まされたとおもいます。
そのときはちょっとべた付いているような感じだった赤ちゃんの肌、今度は乾燥してかさかさしてきているのではないでしょうか?

 

女性にとっては乾燥が肌に悪いことというのはよくしっているとおもいます。

 

 

カサカサ乾燥を放置すると肌トラブルに・・・

現在肌がカサカサと乾燥しているわけですが、肌が乾燥していると肌を守ってくれているバリア機能が上手くはたらきません。
自分の身を守る盾がなかったらどんどん攻撃をうけてしまいますよね。

 

そのため今はまだカサカサしているだけかもしれませんが、湿疹が発生したり赤ちゃんがそこをかき壊してしまい感染症といったことになることがあります。

 

 

 

 

保湿で乾燥を対策

カサカサと乾燥してしまっている状態はそのまま放置するわけにも行きません。
そのためきちんと対策をするようにしましょう。

 

対策方法としては乾燥しているわけですから当然保湿ですよね。

 

多くの方がニキビとか脂漏性湿疹が治まってから保湿をされるとおもいます。
ですが本来ならば赤ちゃんが生まれてからすぐに保湿をしてあげなければいけないほど赤ちゃんの肌は乾燥に弱いんです。

 

 

体全身に塗りましょう

皮脂が原因の乳児湿疹のあとに来たガサガサの乾燥。
脂漏性湿疹等が起こっていたのは頭ですし、今現在その頭も乾燥してしまっているでしょう。

 

当然そこにも保湿をしなくてはいけませんが、必要なのは体全身です。体全体頭から足まで腕や足に出来るシワの間もしっかりと保湿しましょう。
乳児湿疹におすすめの保湿剤はこちら

 

 

肌に優しい製品をつかって!

保湿する際は保湿剤を使って保湿を行うことになりますが、その際に注意して欲しいのが肌に優しいかどうかです。
大人と比べて赤ちゃんの肌はとってもデリケートなわけですから、大人が使っても大丈夫だった製品が子供も平気とは限りません。

 

きちんと肌に優しい製品をつかってください。
保湿剤のせいで肌荒れしたとか意味がありませんからね・・・

 

 

薬は極力使わない

赤ちゃんの肌が乾燥しているということで基本的には保湿をすればいいのですが、中には保湿ではなくて、いきなり薬でどうにかしようとする人もいます。

 

ステロイドとか湿疹を抑える薬もありますが、正直あまりつかうことはおすすめしません。
もちろん手におえないくらい湿疹が出てきてしまったらそれは薬でなんとかする必要がありますが、出来るだけ使わないようしてみましょう。

 

結構保湿剤だけで対策できたりしますよ