乳児湿疹顔治し方

乳児湿疹によって赤い湿疹が出来たらこちら

 

 

乳児湿疹は多くのお母さんをこまらせていますね。
赤ちゃんの頬や手足、体などに赤い湿疹が出来てしまったという方も多いでしょう。

 

この赤い湿疹というのは乳児湿疹なのですが、乳児湿疹の代表的な皮脂が原因の脂漏性湿疹とは、ちょっと違います。

 

 

赤い湿疹の原因

なぜ肌が赤い状態になってしまったかということを理解しなくてはきちんと対策することができないでしょう。

 

ニキビとか頭皮に出来るかさぶたによる湿疹などの乳児湿疹は頭皮から過剰に分泌される皮脂が原因となっています。
一方体に出来てしまっている赤い湿疹というのは皮脂が過剰に出ることが原因ではありません。

 

赤ちゃんの肌というのは私達大人に比べて薄さがなんと半分しかないんです。
そのため潤いをきちんととどめておくことが出来ません。さらに潤いを逃がさないように守ってくれるところも不十分ですのですぐに肌が乾燥してしまいます。

 

 

 乾燥による湿疹

赤ちゃんの肌に怒ってしまっている赤い湿疹は乾燥によって肌が攻撃されたことによって起こっているわけです。
多くの赤ちゃんに起こることですが、いいこととは到底いえません。

 

結構そういう乾燥をそのまま放置しなさいとかいう間違った意見を持っている人もいるのでそういう人たちのいうことを実戦してしまうと大変なことになるでしょう。

 

 

 赤いのは肌がダメージを受けているため

すでに赤い湿疹が出来ているわけですからもうダメージをうけています。
赤ちゃんの肌が乾燥していたりすると赤ちゃん自身がかゆみを感じることが多いんです。

 

痒ければ当然かきますよね。
1回だけかくならいいのですが、何度も何度もかいてしまうとその部分に傷ができてしまいます。
そこから雑菌等が入ると感染症と呼ばれるものになるんですね。

 

湿疹ができて、なおかつ痒そうにしているのならば早急に対処しましょう。

 

 

 

保湿でしっかりと肌を守る

乾燥による赤い湿疹を対策する手段は保湿が一番です。

 

保湿をすることによって赤ちゃんの肌に潤いが与えられますからきちんと肌を守ることが出来るようになります。
保湿する際はお母さんがいつも使っている化粧水とかではなくきちんと赤ちゃんの肌にも使える製品というのを購入するようにしてください。

 

保湿剤のせいで肌荒れを起こしたという赤ちゃんも時々いますから・・・
おすすめの保湿剤はこちらです

 

 

 頬や体は皮脂が少ない!

乳児湿疹といえば皮脂がたくさんでることが原因で起こっているんじゃ・・・
とおもわれる方も多いとおもいます。

 

確かに頭皮や額に出る乳児湿疹はこの皮脂が原因です。
乳児湿疹のニキビについての原因と対策

 

ですがそれ以外の場所、ほっぺや体に出る乳児湿疹に関してはほとんどの場合乾燥が原因なんです。
というのも皮脂がたくさん出るのは頭皮や額だけのため、それ以外の場所からはあまり分泌されません。

 

全身から皮脂がたくさん分泌されるから、それが終わるまで保湿はいらないと考える人もいますが、それは間違っています。