乳児湿疹顔治し方

赤ちゃんの頭皮にかさぶたが出来てる方はこちら

 

赤ちゃんの頭皮に出来てきたかさぶたみたいなやつ。
ちょっと黄色くてブニっとしてますし、正直グロテスクですよね。笑

 

赤ちゃんには結構起きやすい肌トラブルなのですが
びっしりたくさんできてしまうとどうしよう~と慌ててしまいます。

 

 

実はコレ、見た目はかさぶたみたいですけど、本当のカサブタではなく赤ちゃんから出た皮脂が固まったものです。

 

取ったら肌が傷つきそうに思えて取るのがちょっと怖くなりますが、取らないと湿疹が進行してしまいます。

 

赤ちゃんのためにもしっかりケアしてあげたいですね。

 

 

このページはこの頭皮に出来てしまったかさぶたの原因とカサブタを発生させない方法を紹介しています。

 

かさぶたの取り方についてはこちらのページを参考にしてください。
>>乳児湿疹のかさぶたのとり方はこちら

 

 

 

かさぶたの原因は過剰に出る皮脂のせい!

 

『こんなに必要ないでしょ!』というくらい赤ちゃんは皮脂を出します。

 

皮脂はもちろん必要ですよ?
皮脂がないと肌はすぐにカサカサに乾燥しちゃいますから。

 

実際、皮脂は生後三か月くらいたつとほとんど出なくなります。
なのでカサブタで悩むのもここぐらいまでですね。

 

そこからの赤ちゃんの肌の乾燥ったらすごいですね。それによる湿疹とか大変ですよ。
しっかり保湿しないと・・・。

 

 

皮脂が原因のカサブタなわけですが、赤ちゃんのおでことか見てみると結構テカっていたり、ベタベタしていませんか?
これが赤ちゃんからたくさん出ている皮脂ですね。

 

 

その皮脂が固まってしまうことで、あの白っぽいような黄色っぽいようなカサブタができるんです。
当然ですが放置すれば放置するほどかさぶたは増えますし、固くなって取りづらくなってしまいます。

 

なので取るなら早めの方がいいでしょう。

 

 

 

また、間違ったケア方法をしている人もいてワセリンを塗ってる方。
ワセリンを塗ってもかさぶたには何の意味もありません。

 

ワセリンでふやかすということもできませんし、何よりワセリンって赤ちゃんにあんまりよくないんですよね。
詳細:乳児湿疹にワセリンはNGな3つの理由

 

 

かさぶたの取り方はこちらのページで紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

 

 

 

カサブタを作らないための方法

赤ちゃんのかさぶたは一度取ったとしても原因をしっかりと改善していなかったら、また発生してしまいます。

 

何度とっても出て来たら正直こっちもつかれちゃいますよ。
赤ちゃんもつらいでしょうしね。

 

なのでしっかりカサブタができないようにしてあげましょう。

 

 

 

お風呂でしっかり皮脂を落とす!

 

赤ちゃんをいつも沐浴させてあげているとは思うのですが、ちゃんと顔やおでことかまで石鹸をつかって洗ってあげていますか?

 

 

『顔まで石鹸で洗うのはよくないんじゃないの?』

 

と思って洗ってない人は今日からでもしっかりあらってあげるようにしてください。

 

 

大人同様赤ちゃんも顔は汚れますからしっかり洗ってあげる必要があります。

 

もちろん『石鹸で』です。
お湯とか水では十分に皮脂を流すことができせんから。

 

 

また洗ってるんだけどカサブタができてしまうという人はちゃんと洗えていない使っている石鹸などがよくないのかもしれません。

 

もっと丁寧に洗うようにしたり、使う石鹸等を変えてみましょう。
>>赤ちゃん用の人気石鹸を見る

 

 

 

お風呂後もきちんと保湿!

石鹸を使って皮脂を洗い流した後、そのままにしておくと乾燥させまいと、また皮脂がたくさん出てきてしまいます。

 

それを防ぐためにもお風呂から出て体を拭いたらすぐに保湿剤を塗ってあげましょう。

 

 

おでことかならそのまま塗ってあげればいいですし、頭皮は髪の毛があってちょっと塗りにくいですが、髪の毛を指でかき分けつつ頭皮にも保湿剤を塗ってあげてください。
保湿剤の塗り方はこちらで解説しています。

 

 

ちなみに頭皮だけじゃなくて、ほっぺとか体にもぬってあげてくださいね。

 

今まだそこまで湿疹とか出てないかもしれませんが、きちんと保湿しておかないと体中が乾燥してぶつぶつと真っ赤な湿疹がでてきます。

 

その状態は本当にかわいそうですよ・・・。

 

 

 

 

皮脂がたくさん出ているのは赤ちゃん体内のホルモンバランスが崩れてしまっていることが原因です。
とはいっても何もできないんですけどね。

 

自然に皮脂のの分泌はおさまっていきますから、今は出来てしまったかさぶたをとって、カサブタがこれ以上できないようにきちんと洗うようにしましょう。