乳児湿疹顔治し方

乳児湿疹を早く治す方法とは

 

顔にブツブツとかが出来てしまったり、腕とかそういう所にまで湿疹が出来てしまっている赤ちゃんはやっぱりかわいそうですよね。

 

赤ちゃんをみたこちらも辛くなりますし、実際赤ちゃんもかゆみなどを感じ辛い思いをしてしまっていることがあります。

 

 

赤ちゃんを乳児湿疹から治してあげたいならばこちらの方法を参考にしてください。

 

 

 

早く治すために肌を清潔に

 

まず今日から出来ることは赤ちゃんの肌をきちんと清潔にしてあげるということです。

 

赤ちゃんの頭にブツブツガ出来てしまっている方、沐浴される際はきちんと頭まであらっていますか?

 

 

 

ベビーソープで頭も洗う

赤ちゃんの顔に泡がついたら。。。と考えて頭を洗っていない人とかもいるんじゃないでしょうか?

 

それでは乳児湿疹の原因の一つである皮脂をきちんと落とせていません。

 

 

なのできちんと頭まで洗ってあげることが額や頭皮に出来た乳児湿疹を治すことになります。
乳児湿疹の洗い方を解説!

 

 

 

洗いすぎも注意

もちろんだからといって何度も何度もあらったり、私たち大人が使うような洗浄力が強いもの等を使うのはいけません。

 

洗いすぎるとそのせいで必要な分の皮脂も落としてしまったり肌を傷つけてしまうことにもつながります。

 

ベビーソープや石鹸を使って洗うのは1日1回にしましょう。

 

 

 

保湿も重要

 

額のボツボツとかはないけどもほっぺや体の湿疹が酷い・・・早く治す方法を知りたいという方はきちんと肌を保湿してあげてください。

 

赤ちゃんの肌が弱い、保湿が必要ということはもう当たり間のことですが、まだまだきちんと保湿していない人も多いみたいです。

 

 

人によっては保湿を始めてから2日とかで治ったという人もいるくらい保湿の重要性というのは高いですね。

 

 

 

保湿剤選びも大事

 

 

保湿をしろといっても保湿剤だったらどれでもいいというわけではありません。

 

保湿剤の中にも当然良い製品あまりよくない製品というものがあります。

 

 

よくない製品で保湿をしたとしても当然保湿してくれませんので乳児芯を治すことは出来ないでしょう。

 

 

保湿効果や外からの刺激を防ぐことが出来る保湿剤を選ぶことが重要になります。

 

また、赤ちゃんに使うわけですから肌によくない成分がはいっていないかというのも気にしたほうがいいですね。
肌に優しい保湿剤はこちら

 

 

 

早く治す方法といっても肌の問題ですから多少の時間がかかる場合もあります。

 

ですが、前述の通り保湿剤を使ってから2日とかで湿疹が抑えられたという例もありますので実際にはやってみてということでしょう。

 

 

乳児湿疹は放置すればそれだけあとあと大変になりますので早めにケアしてあげてください。