乳児湿疹顔治し方

乳児湿疹をかいてしまう!そんなときのかきむしり対策

 

乳児湿疹を赤ちゃんがかいてしまうと大変ですよね。

 

書き壊してしまうとそこから感染症に発展してしまう可能性もあるわけですからやはり出来るだけかかせないようにしなくてはいけません。

 

 

このページではそんな乳児湿疹をかいてしまうというときの対策方法とどうすればかかなくなるのかというのを解説しています。

 

赤ちゃんの肌というのはとってもデリケートですからかきこわしてしまう前に対策してあげましょう。

 

 

 

爪をしっかりと切ってください!

 

赤ちゃんの爪ってしっかりと切っていますか?

 

基本的にしっかりと爪は切っておく必要があるのですが、赤ちゃんが乳児湿疹をかいてしまうのならばより爪はきちんと切っておかないといけません。

 

爪が伸びているとそれだけかいたときに赤ちゃんの肌をきずつけてしまうことになります。

 

 

しっかり爪をチェックして伸びているようならば切ってあげるようにすることでダメージをおさえられます

 

 

 

かゆみをやわらげる方法で対策

かいてしまうということはかゆみが発生しているわけですよね。

 

かきむしり対策としてはやはりかゆみをやわらげてあげるというのが大事になります。

 

 

冷やすとかゆみが和らぐ

これは赤ちゃんに限ったことではありませんが、かゆみを感じている場合その部分を冷やすとかゆみが和らぐんです。
逆に温めるとかゆみが酷くなります。

 

 

赤ちゃんが痒がっているところを冷やしてあげることによってかゆみを和らげかきむすり対策が出来るでしょう。

 

冷やし方としては直接保冷剤とかをあててしまうとさすがにつめたすぎますので、保冷剤をタオルで包んだり、あとはかゆみがある場所をサランラップでつつんでその上から当ててあげるのもおすすめです

 

いずれにしろ冷たすぎるということにするのではなくあくまでも、かゆみを感じる部分をちょっと冷やすという感じです。

 

 

室内の温度を少し下げてもいいかとおもいます。

 

 

 

 お風呂の温度も少し下げてあげましょう

ちなみにこれは沐浴をするときも同じです。

 

普段の温度のままではかゆみがより酷くなってしまう可能性もありますからいつもよりも沐浴時の温度を下げてぬるいくらいでいれてあげてください。

 

 

 

保湿してかゆみを発生させない

基本的にかゆみが発生しているということは、すでに湿疹が起こってしまっているというわけですね。

 

かきむしり対策としてかゆみを和らげるのは必要ですが、それでは根本的な解決にはなっていません。

 

 

まずはかゆみの元からケアするためにしっかりと赤ちゃんの肌を保湿してあげてください。

 

乾燥により肌がダメージを受けてしまっているから湿疹が起きているわけですから保湿をして肌に潤いを与えましょう。
保湿剤を毎日しっかりとつかってあげるのが一番てっとりばやいですね。

 

かゆだけでなく、肌荒れ等もしっかり改善できますから気になる方はためしてみてください。
おすすめの保湿剤はこちらで紹介しています。