乳児湿疹顔治し方

乳児湿疹の洗い方を解説!

 

皮脂が原因の乳児湿疹を抑えるためには、沐浴時にきちんとその皮脂を押さえてあげなければなりません。

 

でもどうやって洗ってあげればいいのかわからないという方も多いとおもいます。

 

 

乳児湿疹の赤ちゃんの肌を見るのはかなり辛いですし、赤ちゃんもきっと嫌な思いをしているでしょうからさっそくケアしてあげましょう。

 

 

 

 

乳児湿疹の洗い方

 

乳児湿疹の赤ちゃんを沐浴させて、洗う際にはいくつか気をつけなければならないことがあります。

 

間違った洗い方を続ければ赤ちゃんの乳児湿疹はどんどんひどくなってしまうでしょう・・・。

 

 

 石鹸等をつかうのは1日1回まで

赤ちゃんを洗う際はベビーソープだったりを使って洗いますよね。

 

でもそういった石鹸等を使うのは1日1回までにしてください。
1日になんども洗うと汚れは落ちるかもしれませんが、必要なものまで落ちてしまいますのであまりよくありません。

 

 

夏などは汗を洗い流すためにシャワーを浴びさせる方もいますが、シャワーを浴びること自体はなんどやってもいいのですけどもその際に石鹸等は使わないようにしましょう

 

赤ちゃんの石鹸のおすすめはこちらのページで解説をしています。
乳児湿疹に効く石鹸はこちら

 

 

 手で洗おう

赤ちゃんを洗うときってだいたいガーゼとかを使うという方法が推奨されていますよね。

 

まあそれでもいいにはいいのですが、ガーゼの目が粗いと赤ちゃんの肌をきずつけてしまうことがあります。

 

なので出来るだけお母さんまたはお父さんの手で洗ってあげることをおすすめします。

 

そのほうが赤ちゃんの肌を傷つけずに洗えるんです。

 

 

また汚れを落とそうと必死にごしごしと洗う必要はありません。
泡をつかって洗えばきちんとよごれを落とすことができます。

 

 

 

 頭も泡で洗う

乳児湿疹の洗い方として一番重要なポイントが頭や顔も泡で洗うという所です。

 

結構乳児湿疹に悩む人ってきちんと頭を泡で洗っていないという人が多いんですよね。

 

沐浴剤が入っているお湯で流すだけとか、それでは当然皮脂を落とすことはできません。

 

 

赤ちゃんの頭はやわらかいためちょっと洗うのが恐いという方もいるでしょうが、しっかりとあらってあげてください。

 

ちなみに頭ではありませんが、首や手足に出来るくびれの中とかも汚れがたまりやすいところですのでそこまでしっかりとあらいましょう。

 

 

 

 すすぎはシャワーで

泡をつけて洗ったあとはすすぎですね。

 

ここのすすぎをしっかりと行わないと石鹸等が皮膚にのこってしまい肌荒れの原因となってしまいます。

 

 

そのためしっかり洗い流すためにシャワーをつかいましょう。

 

 

赤ちゃんにシャワーはよくないとおもわれがちですが、赤ちゃんは今まで羊水の中にいたわけですからシャワーの水くらい問題ありません。
もちろん強さは弱めにする必要がありますが。

 

 

一応注意点として赤ちゃんについた泡を落とすときに耳をふさぐという人がいますがこれはやる必要がありません。
というかこれをやると逆に鼓膜を破いてしまう原因にもなりますのでやらなくても辞めたほうがいいでしょう。

 

洗い方の流れはこんな感じになります。

 

より詳細に洗い方を見たいなら、こちらの記事も参考になりますのでチェックしてみてください。
>>参考になる赤ちゃんの沐浴動画5個まとめ!