乳児湿疹顔治し方

乳児湿疹の改善方法はこちら

 

乳児湿疹が出来てしまっている赤ちゃんを見るというのはどうにも辛いものがありますよね。
やはり赤ちゃんもかわいそうですから出来るだけ改善してあげたいとおもうのが普通です。

 

乳児湿疹というのは正しい方法で対策すれば協力な薬を使わずとも改善することができます。

 

ちなみにですが乳児湿疹って一つではないということはご存知ですか?
乳児のときに怒る湿疹をひっくるめて乳児湿疹というのですが、これには大きく分けて二つの種類の乳児湿疹があります。

  • 皮脂性の乳児湿疹
  • 乾燥性の乳児湿疹

ですね。

 

それぞれ対策方法もことなりますから自分の赤ちゃんにお怒ってしまっている問題の方をきちん改善しましょう。
当然両方同時ということもありえます。

 

 

皮脂性による乳児湿疹の場合

まず一番起こりやすくお母さんとしても戸惑うことが多い皮脂性の乳児湿疹について改善方法を紹介します。
皮脂性の乳児湿疹の症状としては

といったことが上げられます。

 

原因としては皮脂が過剰に分泌されていることが原因です。

 

 しっかり皮脂を落そう

この皮脂性によって起こる乳児湿疹の改善方法はきちんと原因となっている皮脂を洗って落としてあげることです。
皮脂が他kス案出るのは仕方がないことですので、泡を使って額や頭皮から分泌された皮脂をおとしてあげてください。

 

もちろんあらいすぎもNGですし、使う石鹸もちゃんと選びましょう。
乳児湿疹に効く石鹸はこちら

 

 

乾燥性による乳児湿疹の場合

もう一つの乳児湿疹の原因が乾燥によるものになります。
赤ちゃんの肌は乾燥しやすいく、肌が乾燥すると外からの様々なダメージを受けて湿疹をおこしてしまいます。
かゆみを伴う場合もありますのであぶないですね。
症状としては

  • 頬や体に湿疹ができる
  • 肌がカサカサしている
  • 赤ちゃんがかゆそうorかいてしまっている

 

ということがあげられます。

 

 

 保湿で潤いを!

乾燥による湿疹ですから改善方法としては保湿になります。
赤ちゃんの肌を保湿してあげることによって、肌が外からのダメージに強くなり、綺麗なぷにぷにの肌になることができるんです。

 

保湿剤を使って保湿をするというのが一番良い方法ですね。
また出来るだけ空気が乾燥しないように加湿器をつけたり、部屋干しなどをして湿度を上げるなどの方法も有効です。
皮膚が薄い赤ちゃんにとっては一年中乾燥しているわけですが、やはり特に冬はかなり症状が悪化しやすいのでしっかりと保湿をしてあげるようにしましょう。
乳児湿疹におすすめの保湿剤ランキング

 

 

この二つをしっかりと行えば乳児湿疹を改善することができます。
もしこれらをちゃんと行っているのに乳児湿疹が一向によくならないという方は病院でみてもらいましょう。