乳児湿疹顔治し方

乳児湿疹はこまめに拭くだけでいいの?

 

赤ちゃんに発生してしまった乳児湿疹を対策しようとこまめに拭くという方法を取っている方多いでしょう。
でも実際にそれでよくなっていますか?

 

結構肌がカサカサしてきてしまったり、赤みが増していたりしませんか?
乳児湿疹を拭くという対策方法は本当に正しい対策方法なのでしょうか。

 

乳児湿疹を放置すると強い薬を使わなければいけない自体になったり感染症の対策を行わなければならなくなります。

 

 

 

 

こまめに拭くのは大事

 

乳児湿疹の部分をこまめに拭くとのことですが、正直言ってしまえば乳児湿疹においての対策においてこまめに拭くというのは重要ではありません。
ただまったく必要がないかといわれたらそうではないんです。

 

頭から出る皮脂が原因となっているニキビとかかさぶたのようなものがでる乳児湿疹の場合は拭くということよりも洗って皮脂を落とすことが大切になります。

 

ただ、よだれとか口からからこぼれたミルクなどはこまめにふいてあげないと湿疹の原因になります。

 

 

 

 拭く際は抑えるような感じで

赤ちゃんを拭く際はゴシゴシとこすったりすることはさけてください。
赤ちゃんの肌というのはとっても弱いのでこすったりすることによって傷つけてしまいます。

 

なので赤ちゃんの肌を拭く際はこすらず抑えるようにふいてください。
もちろん拭くものはぬらしたガーゼ等をつかいましょう。

 

 

拭くだけじゃだめ!

 

赤ちゃんの肌を拭くという行為をしたときに、その後乾燥したり肌荒れをおこしてしまうことがあります。

 

その原因となるのが拭くという行為なんですよね。
赤ちゃんの肌はとっても弱いですからただ拭くという行為でも乾燥や肌荒れの原因になりますので、優しく拭く、そして拭いた後に保湿をするということを心がけてください。

 

赤ちゃんをふいた後には保湿をするということをすれば、湿疹を抑えることができます。

 

乾燥による乳児湿疹も保湿をするということが重要ですから、結局保湿は大事ですね。
乳児湿疹の改善方法はこちら

 

ニキビのような乳児湿疹ならば洗おう

頭にニキビのような乳児湿疹が出ている場合は、拭くことにはそれほど効果がないことが多く、頭皮から出る皮脂のせいでその症状が出ているので皮脂を落とさなくてはいけません。

 

沐浴時に皮脂をしっかりとおとしてあげてそのあとに保湿をしてあげれば乳児湿疹はケアすることができますのでこまめに拭くことで乳児湿疹を治そうとおもっている方はそのやり方を変えてみてください。

 

 

こまめに拭くということは大切なことですが、乳児湿疹を治すのならばそれ以上にやらないといけないことがあるんです。