乳児湿疹顔治し方

乳児湿疹の予防方法を紹介

 

 

赤ちゃんの肌トラブルの中で一番起こりやすい問題が乳児湿疹です。
肌トラブルは起こりやすい問題ではあるのですが、やはりおきない方がいいですよね。

 

乳児湿疹はどんな赤ちゃんでも起こるから気にしないで!ともいわれますが、実はきちんとケアをしてあげれば乳児湿疹は予防することができるんです。

 

 

 

皮脂による乳児湿疹

赤ちゃんに起こる乳児湿疹は一つだけではありません。
乳児湿疹を起こしてしまう原因は二つ種類があるのですが、一つ目が皮脂です。

 

生まれてから大体2、3ヶ月くらいまではお母さんのホルモンのが体に残っているので皮脂がたくさん分泌されます。
そのため皮脂が詰まったりして乳児湿疹が起きてしまうわけです。
ちなみに過剰に分泌されるのは頭と額になります。

 

 

 清潔にして予防

頭と額の皮脂が毛穴に詰まったり、固まったりして乳児湿疹になるわけなのです。
なので大事なのが皮脂をきちんと落としてあげるということでしょう。

 

赤ちゃんは毎日沐浴をしますが、その時からしっかりと頭皮や額をベビーソープで洗ってあげることによって余分な皮脂を落とすことができます。
『赤ちゃんの顔を洗うのが恐い・・』とかでベビーソープを使わずにお湯だけで洗っている人もいるのですがそういう人は結構皮脂による乳児湿疹をおこしてしまっていますね。

 

普通の石鹸とかですと洗浄効果が強すぎてしまったりして肌が弱い赤ちゃんにはよくないことがほとんどですのできちんと赤ちゃんが使えるものを選びましょう。
赤ちゃんにおすすめの石鹸はこちら

 

 

 

乾燥による乳児湿疹

赤ちゃんが乳児湿疹を起こす原因のもう一つが乾燥です。
乳児湿疹というと皮脂原因で起こる顔にだけ出来るものというイメージが強いのですが、乾燥が原因の乳児湿疹はからだ全身に出ます。

 

乾燥することによって肌のバリアが弱まり湿疹が起きてしまうわけです。
大人でも乾燥によって肌があれてしまうことってありますよね。
私も冬になると太ももの部分がすっごい荒れてしまいます。

 

赤ちゃんは大人より皮膚が薄いので乾燥による影響を顕著に受けてしまうのでしょう。

 

 

 

 保湿をして予防

乾燥対策といえばやはり保湿です。
大人も乾燥すると保湿剤とかを使って保湿を行いますよね。

 

それと同じできちんと赤ちゃんを保湿してあげなければいけません。
保湿をすることによって赤ちゃんのバリア機能を正常に動かすことが出来るので乾燥によって起こる乳児湿疹を予防できます。

 

もちろん保湿剤ならばなんでもいいということではないんで、ちゃんと赤ちゃんでも使えるものをしようしてください。
乳児湿疹におすすめの保湿剤ランキング

 

 

赤ちゃんの頭皮をしっかりとベビーソープを使って汚れを落とすこと、そしてきちんと肌を保湿してあげることが大切です。