乳児湿疹顔治し方

乳児湿疹ケア!沐浴時に気をつけること

 

乳児湿疹は多くのお母さんを悩ませている悩みの種でしょう。
多くの人が通る悩みでしょうが、きちんとケアしてあげれば乳児湿疹は改善出来る問題なんです。

 

乳児湿疹を改善する際に重要なのが沐浴になります。
乾燥によって起こる乳児湿疹は保湿が重要ですが、皮脂によって起こるにきび等乳児湿疹に関しては沐浴の仕方がよくないと

 

 

 

沐浴時の乳児湿疹ケア

 

沐浴時に気をつけて欲しいことというのはいくつかあります。
結構間違ったまま沐浴をしているという人も多いですから、自分が現在やっている沐浴方法をみなおしてみてください。

 

 

 しっかりと泡で洗う

赤ちゃんの乳児湿疹をケアするためにはまず泡で洗うということが重要になります。
赤ちゃんの頭皮や額などをきちんと泡であらってあげていますでしょうか?

 

泡を使うのは恐いからお湯だけとかにしてしまっている人も多いとおもいます。
ですがそれでは乳児湿疹の原因となっている皮脂を流せません。

 

泡で洗っても大丈夫ですからきちんと赤ちゃんの頭皮、額を泡であらってあげてください。
石鹸等の場合は事前に洗面器であわ立てておくといいでしょう。
最近ですとすでに泡で出てくるものも人気ですからそれならば楽におこなえます。

 

 手で洗う

赤ちゃんを洗うとき大半の人がガーゼをぬらして洗っているとおもいます。
そういう風に洗ってといわれたということ場合が多いでしょう。

 

ですが、ガーゼって結構目が粗かったりするんですよね。
そのため肌が弱い赤ちゃんをそれで洗うと傷つけてしまうことがあります。
ですから赤ちゃんを洗うときはお母さん、お父さんの手に泡をつけてあらってあげてください。
乳児湿疹の洗い方を解説!

 

 

 すすぎはシャワーで

泡であらったとはやはり大事になるのはその流し方です。
多くの人はベビーバスに入ったお湯に付けて落とすだけだったり、新しく洗面器にお湯をためそこで洗うなどをするでしょう。

 

ですが、それでは充分に泡やよごれを落とすことができません。
そのため赤ちゃんをすすぐときはシャワーを利用してください。
赤ちゃんにシャワーを使うのはどうなの?とおもう人もいるでしょうが、何も問題はありません。

 

シャワーで洗う際は強さは弱めにしてくださいね。

 

 

 沐浴後の保湿も重要

そしてこれは乾燥による乳児湿疹にも繋がることですが、沐浴後はきちんと保湿をしてあげましょう。
お風呂上りにはやめに全身を保湿してあげることが大事です。

 

乾燥性の乳児湿疹はもちろんですが、余計な皮脂をださせないためにも額等にもきちんと保湿剤をぬtってあげてください。
乳児湿疹におすすめの保湿剤ランキング