乳児湿疹顔治し方

赤ちゃんの湿疹は放っておいても治るの?

 

赤ちゃんの湿疹は、気づいたら発生していてお母さんとしてはかなり心配になりますよね。でも実際どうしたらいいのかわからないのも本音です。自分に発生した湿疹ならそこまで気にしなくていいのかもしれないですけど、今回は大事な赤ちゃんのことですからね・・・。

 

 

赤ちゃんに発生してしまった湿疹は、放っておいて治るケースもなくはありません。自分自身に出来た湿疹なども気づいたらなくなっていたなんてことありますよね。それと一緒で治ることもあります。

 

 

 

でも悪化することの方が多い

もちろん湿疹が自然治癒していく可能性もあります。でもそれは絶対ではありません。多く場合自然治癒するだろうと放っておくと治るどころか逆に湿疹がひどくなってしまうことが多いんです。湿疹自体の原因が解決できていないならばどんどんひどくなっていってしまうでしょう。

 

 

湿疹がひどくなれば、自宅でのケアだけではどうにもすることができなくなってしまいます。病院で見てもらうことになるでしょうし、症状の進行度によっては副作用がある薬を使わないといけなくなってしまうこともあるんです。放置をして自然治癒を待つのは簡単ですが、そのせいで取返しのつかないことになってしまったら最悪ですよね・・・。

 

 

薬を使わなくても、スキンケアや部屋、着ている服などを改善して湿疹が起こっている原因をどうにかしないことには、湿疹がよくなることはないのでどうにかしましょう。

 

 

 

 

湿疹が起こる原因は?

肌の乾燥

プルプル潤っていているイメージとは逆に赤ちゃんの肌はかなり乾燥します。『肌が乾燥する=肌が弱っている』ということですから、色んな刺激で湿疹が発生してしまいます。

 

アトピー

アトピーは特別肌が弱い状態なので、保湿等のスキンケアだけでは厳しい可能性がありますし、病院で見てもらったほうがいいですね。

 

薬疹

赤ちゃんに使っている薬、塗っている保湿剤などが赤ちゃんの肌になっていない場合それが原因で湿疹が起こることがあります。よくあるのが保湿剤があっていないケース。

 

過剰な皮脂

赤ちゃんは生後5か月くらいまでたくさん皮脂が出るのでそれが毛穴などに詰まって脂漏性湿疹と呼ばれる湿疹が発生します。

 

 

 

まとめ

そのまま何もケアをせずに自然治癒する可能性はかなりすくないですから、しっかりとケアをしてあげましょう。基本的に赤ちゃんの肌に湿疹が起こってしまっている場合、乾燥によって肌が弱ってしまっていることによって起こってることが多いです。なので、毎日しっかり保湿することから始めてみましょう。
赤ちゃんに使う保湿剤は?