乳児湿疹顔治し方

乳児湿疹とアトピーの見分け方

 

「うちの子のこの症状ってアトピーなの?乳児湿疹なの」
ママとしては、とっても気になるところですよね。

 

乳児湿疹というと、まあだれにでも起こることだから大丈夫なような気がます。
でもアトピーとなると『大人になっても治らない』とか『ステロイドの副作用がやばい』なんて話も聞きますからね・・・。

 

 

もちろんアトピーの話の中にはデマなんかも結構あるんですが、それでもアトピーじゃないほうがいいなと思ってしまいます。

 

アトピーと乳児湿疹を見分けるのはどうしたらいいのでしょうか。
症状を踏まえた上で解説しています。

 

 

見分け方について

アトピーの症状

アトピーは、アレルギー反応によって起こるもので、食事がアレルゲンになっていたり部屋の環境だったりといろいろなものに反応してしまいます。
アトピーか体質かどうかということが大きいんですけどね・・・。

 

アトピーの症状としては、

  • 顔と首周り
  • 肘の裏側
  • 脇下
  • 耳切れ
  • 膝の裏側
  • 太ももの付け根

といったところがジクジクしたりカサカサしたりすることです。
具体的にはただれたり赤い湿疹ができるかンジですね。

 

特に耳切れといわれている耳の付け根がただれて切れているようになるのはアトピーの可能性が高いです。

 

全体的にみるとくびれたところに症状が出る感じと覚えるとわかりやすいかと思います。

 

 

 

乳児湿疹の症状

乳児湿疹は、赤ちゃんから一定期間たくさん出る皮脂。
それと、皮脂が出なくなった後やもともと皮脂出にくいところの乾燥が原因で起こる湿疹です。

 

症状としては

  • 顔中心に発生するニキビのようなもの
  • 生え際や頭皮、眉毛に出来る白いカサブタみたいなもの
  • 全身に出来るぶつぶつとした乾燥による湿疹

 

といった感じです。

 

ニキビのようなものとか、白いカサブタなどは結構見分けやすいと思います。
ただ、乾燥による湿疹の方は正直アトピーかどうか判断するのは難しいところですね。

 

耳ぎれのようなのならわかりますが、見分けがつかないことも多いですから。

 

 

 

病院での判断が大事

アトピーと乳児湿疹、それぞれの症状について書きました。

 

 

ただ、ここが注意なのですが、実際にアトピーか乳児湿疹かというのを見分けるというというのはかなり難しいです。

 

そのため、素人判断でどっちか決めるのではなく、きちんと病院に行って診察してもらうことをおすすめします。

 

病院でも月年齢が低いとアトピーか乳児湿疹かということは判断することができないことがあるくらいですので、見分けるのは結構難しいんですよね・・・。

 

 

 

家庭でのケアは清潔と保湿

 

アトピーと乳児湿疹ともになんですが、家庭内でのケア方法としては『清潔』と『保湿』。
この両方です。

 

赤ちゃんの肌は沐浴時にしっかりとあらってあげること。
使う石鹸に注意したり、優しく洗ってあげるなど肌の刺激を考えましょう。
>>参考になる赤ちゃんの沐浴動画5つ!

 

 

また、保湿はかなり重要です。
今現在、きちんと保湿は毎日やっていますか?
使っている保湿剤は赤ちゃんの肌に合うものですか?

 

肌が乾燥するとその分バリアが機能しなくなり外からの刺激を受けてしまいます。

 

 

毎日、ちゃんと潤う保湿剤を赤ちゃんの肌にぬってあげてください。

 

沐浴後だけという人もいますが、乾燥するようなら筆誅にもこまめに塗ってあげるといいですよ。

 

>>赤ちゃんにおすすめの保湿剤紹介はこちら