乳児湿疹顔治し方

乳児湿疹の冬の対策方法は?

 

乳児湿疹をおこしてしまっていうrと何かと心配になることが結構あります。
もちろんどうにかしたいとおもっているのは全ての人共通のことでしょう。

 

冬が近づくと当然空気が乾燥してきてしまいます。
乾燥が肌によくない影響を与えているというのは赤ちゃんだけではなくて大人も一緒ですよね。

 

赤ちゃんは肌が薄く、弱いので乾燥の影響をとってもうけてしまいます。

 

 

 

冬は乾燥がやばい!

 

冬の乳児湿疹の問題といえばやっぱり乾燥ですね。
乳児湿疹というと皮脂だけのイメージもありますが、実際には皮脂以外にも乾燥によって湿疹が発生してしまいます。

 

前述の通り赤ちゃんの肌というのはとってもデリケートで潤いを維持できません。
そのためどんどん乾燥していってしまい、うまいことバリア機能が働かなく肌荒れをおこしてしまいます。

 

大人でも冬は肌荒れをおこしてしまいますからね。
赤ちゃんに影響がないなんてことはないでしょう。

 

 

 

 保湿で肌のバリア機能を正常に

空気が乾燥してしまうということは仕方がないことになります。
問題は赤ちゃんの肌のバリア機能を正常に機能させるということですからそのためには肌に潤いを与えなくてはなりません。

 

ですから赤ちゃんの肌をきちんと保湿するようにしてください。
もちろん全身です。

 

沐浴後はもちろんですが、よだれや食べこぼしを拭いたり、お尻を拭くなど赤ちゃんの肌を拭いたら保湿してあげることによってバリア機能がしっかりと赤ちゃんをまもってくれます。
保湿剤の使いすぎはよくないともいわれますが、大人だって保湿をしているわけですから、なぜ赤ちゃんが保湿してはだめなのでしょうか?

 

毎日保湿をして冬の乾燥を乗り切りましょう。
乳児湿疹におすすめの保湿剤ランキング

 

 

 

室内の湿度も調整しよう

赤ちゃんを保湿してあげるのも重要ですが、できれば部屋自体の湿度もあげてあげたほうが乾燥を防げますのでおすすめです。
加湿器を使って行う方法が一番楽でしょうが、良い製品って結構な値段がしますからね。

 

部屋を加湿する方法は加湿器をつかわなくてもできます。
一番手軽なのはぬれたタオルや洗濯物を部屋に干すという方法ですね。
これならば今すぐにでも出来る方法でしょう。

 

その他には床を水拭きしたり、お湯を沸騰させるといった手段もあります。

 

 

 

冬の乳児湿疹対策においてとっても大事なのは保湿です。
赤ちゃんの肌に潤いを与えてバリア機能をしっかりと外からのダメージをおさえてあげえてください。
乾燥性の乳児湿疹の場合はかゆみを伴うこともありますので気をつけなければいけません。