夫のアトピーって赤ちゃんに遺伝するの?

アトピーが出てるけどこれって夫から?

 

赤ちゃんの湿疹が良くならない日が何日も続いてくると怖いのがアトピーではないかということ。

 

アトピー関する情報は色々あるので結構怖くなってしまいますが、アトピーというとやっぱりすっごい大変ってイメージがありますよね。

 

 

夫がアトピーを持っている以上もしかしたら赤ちゃんに遺伝しているかもしれないと考えてしまいます。
実際のところどうなんでしょうか?

 

 

 

月年齢によってはアトピーの判断は難しい

 

赤ちゃんの肌トラブルは色々な問題が発生してきますから、必ずしもアトピーというわけではありません。

 

赤ちゃんといえば乳児湿疹なわけですが、乳児湿疹とアトピーは結構見分けが付かないものでもあるんです。
乳児湿疹は色々な湿疹の総称なのですが乾燥による湿疹は特に見分けが難しいです。

 

 

お医者さんですら月年齢が低いうちは判断がつかないので、今アナタのお子さんに出ている肌荒れもアトピーかどうかはわかりません。

 

もちろんお医者さんでアトピーとの判断をしもらったのならアトピーで確定ですが、アトピーと決めつけるのはちょっとはやいかもですね。

 

 

夫のアトピーが遺伝するかもだけど・・・

傾向的な話ですが、赤ちゃんがアトピーを発症しているとして、
あなたがアトピーじゃない場合、夫からの遺伝は30%
あなたもアトピーなら50%

 

こういう感じになっています。

 

つまり旦那さんがアトピーという場合は30%の確率で赤ちゃんもアトピーになるということでも

 

でも実は両親がアトピーじゃないという場合でもアトピーになる子は結構います。それはつまり遺伝が大きな原因ではないということではないでしょうか。
でもどっちもアトピーじゃないのになることも

 

 

アトピーはわかっていないことも多い

正直な話、アトピーについてはわかっていないことのほうがかなり多いです。

 

アトピーになる原因はあなたが赤ちゃんに当ている母乳が原因という意見もありますし、身の回りのものを殺菌しすぎだからとか色々な意見が飛び交っています。

 

アトピーというものがなぜ起こるのかというのもまだはっきりとはわかっていません。もちろんどんどん研究が進むにつれて解明サれていくのでしょうが、この記事を書いている現在ではすべて解明はサれていません。

 

 

 

遺伝するというのもあくまでも確率の話。
あなたのお子さん、もしかしたらアトピーかもしれませんしそうじゃないかもしれません。

 

荒れる肌を見るの辛いですが、とりあえずしっかりときれいにしてあげたいですね。

 

 

 

アトピーにも乳児湿疹にも保湿が大事

 

バリア機能が弱るのがアトピーなわけで、バリア機能が弱っていれば外からの刺激をうけやすくなりますし、アレルゲンの侵入も容易になってしまいます。

 

実際に生まれたときからきちんと保湿をすれば3割減という研究データもあるくらいですから、アトピーに保湿は超重要ですね。

 

 

もちろんアトピーではない可能性もあるわけですが、アトピーでなかったとしても赤ちゃんの肌は乾燥しやすいわけなので、きちんと保湿をしてあげたいところです。

 

 

保湿はただ塗ればいいわけじゃない

 

今も赤ちゃんの肌の症状が続いて苦しい思いをされていると思います。

 

アトピーじゃないのかと心配になってしまうくらいですからあまりいい状態ではないのでしょう。

 

 

赤ちゃんの保湿はただ保湿剤をぬればいいというわけではありません。これは大人も一緒ですが、やっぱり塗ってちゃんと効果がないと意味がないんです。

 

塗った保湿剤が赤ちゃんの肌にあんまりあっていなかったらただ効果がないものをぬってるだけですからそりゃお肌の乾燥はよくなりませんよね。

 

 

赤ちゃんの保湿剤はどれを使えばいいのか難しいわけですが、色々試してみて赤ちゃんに合っている物を探してあげましょう。

 

当サイトのおすすめの保湿剤はこちらの記事で紹介していますので参考にしてみてください。
>>乳児湿疹におすすめの保湿剤ランキングを見る