乳児湿疹顔治し方

乳児湿疹って食べ物と関係について

 

乳児湿疹が起こってしまうとやはり親から見てもいいものにはみえませんからどうにか解消してあげたいとおもいます。
そのため色々と原因を探すのですが、よく上げられるものの一つに母乳というものがあります。

 

赤ちゃんの唯一の栄養源になります。
そしてこの母乳はお母さんの体内で作られているわけですから、お母さんの食べ物が影響されますよね。
母乳と赤ちゃんの乳児湿疹にはどのような関係があるのでしょうか?

 

 

 

乳児湿疹と食べ物は関係ない!

 

はじめからその答えをいってしまっているのですが、乳児湿疹と母乳はそこまで関係ありません。
もちろん好きなものをたべていいというわけではないのですが、乳児湿疹を起こしている場合は母乳ではなくて他の所が原因でしょう。

 

 

 乳児湿疹は乾燥や皮脂によって出来る

乳児湿疹を起こしてしまう原因というのが皮脂と乾燥になります。

 

皮脂がたくさんでることによって赤ちゃんはニキビやかさぶたなどができてしまいますし、乾燥することで肌のバリア機能が正常に作動しなくなり湿疹が起こります。

 

乳児湿疹をおこしてしまう原因というのはこの二つですから母乳やお母さんの食べ物は関係ありません。
皮脂についてはきちんと洗ってあげる、乾燥については毎日しっかりと保湿をしてあげるということで抑えることができます。
乳児湿疹の改善方法はこちら

 

もし乳児湿疹の可能性があるならばそこから解決しましょう。

 

 

 

 

乳児湿疹ではないが湿疹が起こることも

 

もちろんじゃあ何食べてもいいんだーとはいきません。
赤ちゃんが唯一栄養を取ることが出来るのがお母さんの母乳なので、母乳の質はお母さんの食べ物によって影響されます。

 

質が悪い母乳ですと赤ちゃんが湿疹を起こしてしまうということもあるんです。

 

 

 母乳の油分が影響

湿疹をおこしてしまう母乳の場合は油分が多い場合ですね。
揚げ物だったりお菓子だったりと世の中にはおいしいものがあふれていますが、そういうものをたくさんたべてしまうと母乳に油分がたくさん含まれます。

 

それが質の悪い母乳です。
湿疹は起こすは、味としてもおいしくありませんから非常によくないです。

 

母乳というのは結構気をつけないいけないため、お母さんとしては好きなものが食べられないということでストレスになる場合もありますよね。
油を使ったものなんかおいしいものが多いですし、チョコとかのお菓子もだめはわけですから制限が多すぎです。

 

まあ確かに大変ですが、やはり赤ちゃんのためをおもってしっかりと制限しましょう。