乳児湿疹顔治し方

乳児湿疹をお風呂でケアする方法

 

お母さんを悩ませる赤ちゃんの乳児湿疹!

 

いくつかケア方法がありますが、毎日入っているお風呂でできる対策方法があるのでは?
このページで今日からぜひ実践してほしいお風呂で行う乳児湿疹対策方法を紹介しています。

 

 

お風呂でできる乳児湿疹対策

 

おでこのところに思春期に出来るようなニキビがたくさん出来てしまっている赤ちゃんはこのお風呂で出来る方法である程度乳児湿疹をケアすることができますので、ぜひやってみてください。

 

普段やっていない人からしたら手間かもしれませんが、これが一番いい乳児湿疹のケア方法です。

 

 

皮脂を洗い流す

まず大切なのは皮脂をしっかりと洗い流すということです。
毎日赤ちゃんをお風呂に入れてあげているとはおもいますけど、そのときしっかりと赤ちゃんをあらえているでしょうか

 

赤ちゃんの顔とか頭皮を洗うときしっかりと泡をつかってあらってあげていますか?
多くの方が、ただお湯をかけたり濡れたガーゼで拭くだけなどの方法だとおもいます。

 

こういう風にしなさいと教わったかもしれませんが、これは皮脂を充分に落とすことができませんので、そのせいで乳児湿疹がおこってしまいます。
目や鼻にはいったとしても洗えば問題ありませんので赤ちゃん用のベビーソープを使って洗ってあげるようにしましょう。

 

 

すすぎはシャワーで

泡で洗ったあとはすすぎです。
赤ちゃんを洗ったあとに結構流せていないという人がいます。

 

ベビーバスに付けるだけとか、ガーゼで拭くだけとか。
それでは当然泡もおとせませんし、汚れもおちないでしょう。

 

乳児湿疹ではないですが、洗剤とかが体に付着したままですと肌荒れの原因となってしまいます。
シャワーですすげば楽ですし、しっかりと洗い流すことができます。

 

シャワーの強さを弱にしてあげれば赤ちゃんでも大丈夫ですし、耳もふさぐ必要ありません。

 

 

 

お風呂の後は保湿

そして大事なのがお風呂のあとの保湿です。
体はもちろん顔もしっかりと保湿してあげてください。

 

乾燥を防ぎ、乾燥性の乳児湿疹を予防、ケアするという役割もあるのですが、頭皮等では洗ったことによって一時的に皮脂がすくない状態になっていますので、そのままにしておくとより皮脂がたくさんでることにつながります。ですから保湿をしてあげれば扶養な皮脂が出るのを抑えることが出来るというわけです。

 

お風呂から出たらすぐに保湿をしてあげてください。
保湿剤はこちらがおすすめです

 

以上がお風呂で出来る乳児湿疹対策になります。
必要なものがある場合もあるでしょうが、シャワーですすぐとかはすぐにでも出来ることでしょうからぜひやってみてください。