乳児湿疹顔治し方

乳児湿疹はいつからいつまで発生するのか

 

赤ちゃんに起こる肌トラブルで一番有名なものといったらおそらく乳児湿疹だとおもいます。

 

普通の乾燥肌とかあせもは大人にもできるのですが、乳児湿疹は赤ちゃん特有のものですからね。

 

いつから始まるのか、いつ治るのかなど心配になってしまうでしょう。

 

 

 

 

 

 

乳児湿疹はいつからはじまるのか

 

乳児湿疹がいつから発生するのかというのは、当然個人差があります。

 

生まれてから数日ではじまった人もいれば2~3週間後にはじまった人もいますので、だいたいそれくらいが平均と考えていいでしょう。

 

主な症状としては

  • 額や顔にできるニキビ
  • 生え際等にできるかさぶた状のもの
  • 乾燥によって起こる湿疹、肌荒れ

 

になります。

 

赤ちゃんは生まれてから数か月までは皮脂がたくさん分泌されますので、ニキビやかさぶたのような乳児湿疹ができてしまうんですよね。

 

 

とはいっても皮脂をしっかりと洗い流してあげれば皮脂が原因で起こる乳児湿疹に関してはある程度対策できるんですけどね。

 

詳しい皮脂の洗い方などはこちらのページを参考にしてください。
乳児湿疹の洗い方を解説!

 

 

また、皮脂だけではなく、赤ちゃんの肌はとっても乾燥するので湿疹を起こさないためにも保湿してあげてください。

 

乾燥で湿疹がたくさんできた赤ちゃん・・・みたくないですよね。

 

 

 

 

 

乳児湿疹はいつまで続くのか

 

乳児湿疹がいつまで続くのかですが、一般的には2~3か月ころといわれています。

 

だいたいこれぐらいの時期になるニキビやかさぶたなどの乳児湿疹をおこしてきた皮脂の分泌が収まるんですよね。

 

 

皮脂による乳児湿疹は洗ってあげればある程度改善できますし、2~3か月以降は発生しなくなります。

 

だた、乾燥による乳児湿疹の場合は対策をしないかぎりよくなりません。

 

 

乾燥自体は赤ちゃんの肌が弱いことが原因で起こることですから放置をすれば放置をするだけひどくなってしまうでしょう。

 

ほっぺや口回り、体、手足などに湿疹ができている場合は乾燥による可能性も高いですのでしっかりと保湿をして改善するようにしてください。

 

 

赤ちゃんにおすすめの保湿剤はこちらで紹介しています。
乳児湿疹におすすめの保湿剤を見る

 

現在すでに乳児湿疹が発生してしまっている方は、きちんと皮脂を洗い流して、保湿をしてあげてください。
ひどくなってからではおそいですからね・・・。