アトピタを使った悪化!?赤ちゃんの肌トラブルどうしよう・・・

アトピタが赤ちゃんの肌に合わないケースも

 

アトピタというと赤ちゃんによくつかわれる保湿剤ですよね。

 

アトピタと一言に行っても

  • 全身泡ソープ
  • 全身ミルキィローション
  • 保湿入浴剤

 

などの色々と商品がありますし、価格もそれほど高くないということで使ったことがない方にはぜひ使ってほしい製品です。

 

ただ赤ちゃんによっては、どうしても肌に合わないということもあり、悪化してしまうケースというのも時々あります。

 

当然、悪化してしまうのは仕方がないことです。
なので、あまり慌てたりする必要はありません。

 

 

 

低刺激=絶対大丈夫!というわけでもない

赤ちゃん用のスキンケア製品を使うとなると一つの条件として『低刺激』という事を考えると思います。

 

無添加、無香料、天然素材使用などいろいろと選ぶポイントはありますよね。

 

 

ちなみにアトピタは、うるおい補給成分と天然保湿成分であるヨモギエキスが使っている製品で、無香料、無着色料、パラベンフリーということが書かれています。

 

一見するとこれらのポイントというのはいいようにも思えます。
実際肌によくない成分が使われる可能性は下がるはずです。

 

 

ですが、それが本当にいいことなのでしょうか。
例えばパラベンなんかは、入ってないほうがいいとされますが、入っていることによって保湿剤内での雑菌の繁殖を抑えてくれるという効果があります。

 

 

雑菌がたくさんの状態で肌に使うと荒れたり湿疹を起こす原因となります。

 

 

 

悪化しないかどうかは使ってから

アトピタが悪化してしまったのについて、何が原因なのか色々と考えてしまいますが、結局のところあなたの赤ちゃんに合わなかったということです。

 

その赤ちゃんに合うかどうかというのはどんな保湿剤であろうとつかってみないことにはわかりません。

 

 

市販製品だけではなくて、病院でもらうものも同じで、処方してもらった保湿剤を使っていたら悪化してきた!
なんてこともあるくらいですからね・・・。

 

 

 

 

悪化の原因のアトピタは使わない!

今回アトピタで悪化してしまったということなので、このままアトピタを使い続けるというのはおすすめしません。

 

なのでその代りの保湿剤をつかってあげてください。

 

 

もちろんその保湿剤も悪化してしまう可能性はあります。

 

ですが、保湿剤を塗らなければ赤ちゃんの肌荒れはより悪くなってしまいますから色々と選んでつかってあげてください。

 

 

赤ちゃんのことを一番わかっているのはあなたです。

 

赤ちゃんに合った保湿剤をさがしてあげてください。

 

 

 

一応私のおすすめはこちらのページで紹介しているので、参考になるかと思います。
>>乳児湿疹におすすめの保湿剤はこちら