赤ちゃんの乳児湿疹って跡に残るの?

跡にならないために乳児湿疹をケアしよう!

 

基本的に跡が残ることはない

赤ちゃんに乳児湿疹がバーっとできてしまうと跡が残らないか心配になります。
でも実際、乳児湿疹の跡が残るというのは、ほとんどありません。

 

ママとしては「乳児湿疹がたくさん出てる!これって残るの!?」とすっごい心配になってしまうと思います。

 

ただ、実際そこまで心配しなくても大丈夫です。
落ち着いてケアしていってあげれば自然とよくなりますし、跡も残らないでしょうから。

 

 

新陳代謝が活発

赤ちゃんってかなり汗をかきますし、日々どんどん体も大きくなっていきますよね。
また、洗っているとわかりますが、垢も結構出ているのでは?

 

これは赤ちゃんの新陳代謝が活発な証拠です。

 

 

新陳代謝が活発だと、皮膚もどんどん新しくなっていきますから跡も残りにくいんですよね。

 

逆に大人になると新陳代謝が落ちるのでシミとかが残ったりするわけです・・・。

 

 

ただ、ひどくなると残るかも

基本的には傷が残ることはありませんが、100%残らないから安心!というわけではないということは覚えおいてください。

 

例えば乳児湿疹ができているだけだったら、その乳児湿疹をケアしてあげれば薄れていって成長ともに消えていくでしょう。
これは、乾燥による湿疹も新生児にきびも一緒です。

 

あなたも、肌荒れしたりニキビができても自然と消えちゃいますよね。

 

 

でも、その湿疹を赤ちゃんが痒がってかきまくってしまうと、どうしても傷ができてしまいますからその場合、跡が残ってしまう可能性も出てきます。

 

 

 

 

放置するのは当然よくない!

乳児湿疹は跡になる可能性すくないから放置をするのではなく、きちんとケアをして上げる必要があります。

 

見ているママとしても肌が荒れてしまっている子をみるのはいい気がしないでしょうし、赤ちゃんとしても肌に湿疹があれば不快感を感じるはずです。

 

 

感染症などの原因になることも

乳児湿疹にかゆみなどを感じて赤ちゃんが引っ掻いてしまえばそこに傷ができ感染症を引き起こしてしまう可能性もあります。

 

跡にのこるかもしれないし、感染症になるかもしれない。
乳児湿疹というのものに慌てる必要はないですが、かといって放置はしないほうがいいでしょう。

 


伝染性膿痂疹(とびひ)とは・・・
湿疹などを掻くことによりできた傷に、黄色ブドウ球菌・連鎖球菌が感染し、小児の体幹・四肢に膿疱を伴う痂皮(かひ。かさぶたのこと)ができる。接触感染にて感染が広がることがある。
伝染性膿痂疹 wikipedia

 

 

 

跡にならないようにしっかりケア!

病院などで乳児湿疹の薬をもらっているのならば、それを塗るのがまず大切です。

 

また、赤ちゃんの肌はとっても乾燥しやすく、それが乳児湿疹の原因になっていることがかなり多いですから、しっかりと保湿をしてあげてください。

 

⇒実は簡単!赤ちゃんの顔にできる白いぶつぶつをケアする方法
⇒乳児湿疹の改善方法はこちら

 

乳児湿疹に関してはこちらの記事で解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

 

跡になって後悔する前に、普段から赤ちゃんをまもってあげましょう。