赤ちゃんの乾燥肌がよくならない原因って何?

赤ちゃんの乾燥肌がよくならない時の対策

 

きちんとケアをしているのに何故か良くならない赤ちゃんの乾燥肌。

 

こうなってくるとさすがに何が原因なのかもわからなくなってきますよね。乾燥しているから保湿をするおんいそれでもよくならないということはただの乾燥肌ではない?とか色々と考えてしまいます。

 

 

そしてその間にも赤ちゃんの肌はカサカサの肌。

 

いつになってもそんな赤ちゃんの肌をみるのは辛いです。特に知り合いのママ友とかと合った時その子どもがきれいなつるつる肌だったりするともう「なんで・・・」って感じです。

 

やっぱり見た目的にもプルプルがいいし、カサカサ肌の状態は当然よくないですから、どうにかしてあげたいところです。

 

 

 

赤ちゃんにあった保湿できてますか?

 

保湿はただ保湿クリームとかを塗れば完了というわけではありません。

 

保湿は塗ってちゃんと潤った段階で『保湿をした』といえるわけです。

 

 

もちろん赤ちゃんによって体の問題は違いますからむずかしいところではありますが、あなたがきちんと赤ちゃんの肌を観てあげるというのが大事ですね。

 

乾燥肌がよくならない場合、基本的には保湿に何か問題がある可能性が高いですよね。

 

保湿してないけど乾燥肌がよくならないよ!という方はちょっと「いや、保湿しなよ・・・」しかいえませんが、保湿しているのに良くならない場合は何が原因なのでしょうか。

 

可能性があるものをあげてみましょう

 

 

どれだけつけるのかというのも大事

保湿をする時にもったいないからとサラーッとしかつけていない場合、ケチりすぎて保湿成分がたりていない状態でしょう。

 

だからといって一回で保湿剤一個を使い切るぐらい塗れ!というわけじゃないですが、やっぱりちょっとしか塗らなかったらいくら肌にあっていたとしても効果はでませんよ。

 

あなただって化粧水を使う時ちょっとじゃなくてたっぷり使いますよね。それと一緒です。

 

 

夜一回だけじゃたりないかも

だいたい沐浴後に一回だけ塗っているということも多いんですが、赤ちゃんによってはそれだけでは足りないこともあります。

 

もしあなたが一日一回しか塗っていないのならもう少しふやしてみてもいいかもしれませんね。

 

乾燥肌と一言にいってもその度合いは赤ちゃんそれぞれ違いますし、部屋の湿度なんかも違いますから夜だけでOK!というのはちょっと違うかなと・・・。

 

 

あなたが赤ちゃんを見て保湿がたりないようなら保湿をしてあげてください。

 

ステロイド系の薬は医師の指示に従って塗らないけないので自分で塗る回数を増やしたりするのは良くないですが、保湿クリームは薬じゃないですからね。お肌の様子を見てぬってあげてください。

 

 

 

保湿剤が肌にあってないのでは?

 

赤ちゃんもこんなに小さいですが一人ひとり体質が違っていて、効果のある保湿クリームもあれば逆に荒れてしまう保湿クリームもあります。これはメーカー悪いのではなく赤ちゃんの体質なので仕方ないことです。

 

 

あなたも友達とか、雑誌でおすすめされてるスキンケア製品がが全然きかなかったりしたことないですか?
私はあります。某通販サイトで評価が高かったため購入した乳液を使ったところ顔全部がピリピリと痛みだしたんです。

 

これは私の肌似合っていなかったということ。赤ちゃんも一緒です。

 

 

保湿をしてないのに乾燥肌がよくならないというのはもってのほかですが、保湿をしてもよくならないのならそれは保湿剤があっていない可能性が高いでしょう。

 

保湿剤に関しては選ぶのが難しいですが、赤ちゃんの肌に合う物を探してあげてください。

 

>>赤ちゃんにおすすめの保湿剤ランキングはこちら