赤ちゃんの乾燥は石鹸が原因かも

赤ちゃんの乾燥と石鹸の関係

 

赤ちゃんの乾燥をどうにかするというと、やっぱり一番最初に思いつくのが保湿剤のこと。肌が乾燥しているわけですからやっぱり保湿は大切です。

 

ここまで赤ちゃんの肌がカサカサなのは、赤ちゃんの肌がもともと乾燥し易いというのもあるわけですがお風呂での洗い方なども原因になってきている場合があるんですよね。

 

 

赤ちゃんといえばきれいなプルプル肌ですから、カサカサ乾燥しちゃってる赤ちゃんの肌は見ていて本当にかわいそうです。

 

この後悪化する可能性もあるとなったらさらにどうにかしないと!って焦っちゃいます。

 

 

やっぱり石鹸は乾燥に大きく影響してる!

 

自分自身で普通の石鹸を使って顔を洗ってみるとわかるのですが、洗ったあとにパリパリ感みたいのありますよね。あれこそ皮脂が落ちちゃってる状態。

 

皮脂はたくさんあると問題ですが、まったくないと今度は乾燥しやすくなります。今あなたのお子さんが何ヶ月ぐらいかわかリませんが、赤ちゃんは皮脂があまり出ない時期があります。

 

そんな時期に更に石鹸でがっつり皮脂を落としてしまったらそりゃ乾燥しますよね。
石鹸と一言に行っても色々な種類ががりますが、中には結構強力なものもありますからね・・・。

 

 

洗う頻度を変えてみる?

石鹸で一日に赤ちゃんを洗っている場合は、ちょっと洗いすぎの可能性大。

 

石鹸で洗うのは一日一回。
汗を流す時とかはシャワーとかをサーッとかけたりするぐらいでいいでしょう。

 

赤ちゃんによってはですが、普段はお湯だけで数日起きに石鹸で洗って良くなったという子もいますからその辺はママが色々試してみて判断してみるのが大切です。

 

 

乾燥肌におすすめの石鹸

石鹸自体の洗浄力が強すぎると赤ちゃんの肌の皮脂を根こそぎ持っていってしまいますから乾燥しちゃうでしょうね。

 

と入ってもこれも難しいところ。
絶対にこれがいいというのはないので、使ってみてあなたが判断するしかありません。

 

有名所のベビーソープをまず使ってみるのが一番の近道でしょう。

  • キューピー
  • arau
  • 牛乳石鹸
  • シャボン玉石けん

これらは赤ちゃん用品のお店や薬局などでも入手できるので手に入りやすいです。価格もそれほどたかくないですしね。

 

石鹸を変えつつ、洗う頻度などを調整して赤ちゃんの乾燥の様子を見るのがいいでしょう。

 

 

 

沐浴後の保湿が最重要!

 

いくら洗浄力が強くないとはいっても、皮脂は落ちてしまいます。
むしろ全く皮脂を落とせないとなると汚れも落とせない場合が多いですからね。ある程度の洗浄力は必要です。

 

大事なのは、そのあとしっかりとお肌に水分を与えて乾燥しないようにしてあげること。

 

 

おそらくあなたは今現在も保湿はしていると思います。でも乾燥してしまっている。

 

これは石鹸自体にも問題はありますが、保湿剤もあっていない可能性があります。
あっていない保湿剤を使っても赤ちゃんの肌はうるおいませんから、使う保湿剤は赤ちゃんに合うのをチョイスしてあげましょう

 

こちらのページで当サイトのおすすめを紹介しているので参考にしてください。
>>乳児湿疹におすすめの保湿剤ランキング