母乳育児のせいで赤ちゃんが乾燥肌に!?

母乳育児と乾燥肌って関係あるの?

 

なかなか赤ちゃんの乾燥肌が治らないのを見ていると精神的にも結構なダメージがあって辛いです。

 

なんでこんなに乾燥肌なのか・・・というのをぐるぐると考えていると思い浮かぶのが母乳の問題。

 

母乳を赤ちゃんをそだてるための唯一の栄養源なわけですから、いわば赤ちゃんの体を作っているのは母乳なわけです。つまり何かしら母乳に問題があるからこそ乾燥肌になってしまっているのでは?って考えちゃうんですよね。

 

 

母乳育児ということがよくないのか、もしそうなら自分自身をすっごい責めてしまいます。

 

 

 

母乳育児だと乾燥肌になるデータはない!

 

結論からドン!といいましょう。赤ちゃんが乾燥肌になる原因として母乳育児が関わっているというデータは全くありません。

 

まあ個人的なブログとかでそれを書いている人も時々いますが、だいたいがその人自身の経験則で医学的な根拠があるわけではないんです。

 

もちろん今後そういうデータが出てくるという可能性も無きにしもあらずですが現状全然そんなことはないので、安心して母乳育児を続けてください。

 

母乳育児自体にはメリットも多いですからね。

 

 

母乳に関してはわからないことも多い

実際問題、母乳に関しては未だにわかっていないことがかなり多いんです。どれを食べたら母乳に影響が出るのかとか実は結構曖昧だったりします。

 

母乳の栄養もどれだけママのたべものに依存するのかも難しいところ。

 

チョコは絶対ダメー!という人がいる一方でめちゃくちゃチョコ食っても平気だったって人がいるくらいですし、正直乾燥肌だからといって母乳のせいと結びつけてしまうのは安易すぎるかと。

 

 

 

とりあえず保湿しておきましょう

 

ママの母乳育児はとっても大事ですからそのまま続けてあげてください。もちろんあきらかに偏った食事をしているなら治しましょうね。

 

そもそも乾燥肌なわけですから大事なのは保湿をしてあげることです。

 

でもあなたは普段から赤ちゃんを保湿してあげているのではないでしょうか?保湿しているのになかなかよくならないため悩んでいるんですよね。

 

 

ちゃんと肌が潤うものじゃないとだめ

 

保湿をしてるのに効果がないのは、ちゃんと保湿がでいないからではないでしょうか。

 

あっていない保湿クリームを塗っても効果があるわけないですよね。まあそれでかぶれたりしていないだけいいのでしょうけど。

 

とりあえず使う保湿剤を変えてみて様子を見ましょう。
あとは塗る頻度をふやしてみるのも一つの手です。

 

 

赤ちゃんにおすすめの保湿剤はこちらで紹介しているので参考にしてください。

 

 

母乳をあげている上で色々と気をつけないといけないこともありますし、自分のせいでは?と思ってしまう気持ちもわかります。自分のことを責め過ぎたり食べるものを我慢しすぎてストレスをためてしまっては本末転倒。

 

赤ちゃんのことはわからないこといっぱいですが、近くのお医者さんにすぐ行けるならさっと行って見てもらうといいかと。