生後4ヶ月なのに乳児湿疹が治らない!

生後4ヶ月なのに乳児湿疹が治らない!

 

生後4ヶ月のとなってもまだまだ赤ちゃんの乳児湿疹が出てくる・・・。

 

雑誌とか見るともうそれぐらいの子はつるつるなんてイメージもあるので、なんか自分の子だけ治らないんじゃないかって思ってしまいます。

 

いつまでこんななのか、きちんとよくなるのか心配になりますよね。

 

 

生後4ヶ月乳児湿疹まだまだ続きます

 

こういうとあなたはかなり辛いかもしれませんが、生後4ヶ月時点なら今後も乳児湿疹が出て来る可能性はかなり高いですし、治らない状態が続くでしょう。

 

生後4ヶ月はまだまだ赤ちゃんの肌が作られている状態。赤ちゃんの皮膚の厚みは成人女性の半分しかありません。

 

一歳ぐらいまで出る湿疹を乳児湿疹と言いますからそこぐらいまでは考えておいたほうがいいかもです。

 

 

でも逆にいうと今あなたが『生後4ヶ月なのに治らない・・・』と悩んでいるのは、あなたの赤ちゃんが特別なのではなくほかの子も一緒ということです。

 

 

乳児湿疹にも個人差あり

乳児湿疹といっても色々な湿疹の総称ですし、そもそもどれくらい乳児湿疹がひどくなるのかも個人差があります。肌の弱さなどは赤ちゃんによって結構ちがいますから。

 

もちろんあなたがきちんと赤ちゃんのお肌のケアをできているのかも大きいですけどね。

 

全然出ない子も当然いますし、逆にすごい乳児湿疹が出て強力なステロイドを使って抑えないとだめな子もいます。

 

雑誌とか街で見るきれいな子はもともと肌がきれいか、ママがしっかりとケアしてあげるか、フォトショップで修正しているかでしょうね。

 

 

乾燥による乳児湿疹ははじまったばっかり!

実は、生後4ヶ月というと赤ちゃんの肌は乾燥真っ只中なので、乳児湿疹がでてきて当たり前です。

 

もちろんその子によって違うので、まだ乾燥はしてないけどニキビや脂漏性湿疹が出ているという子もいます。

 

 

生後4ヶ月の時点で乳児湿疹が治らないのは何ら不思議なことではありません。もちろん乳児湿疹が出ている赤ちゃんをみるのは結構辛い物がありますが、少しでも良くなるようにケアしてあげましょう。

 

 

 

生後4ヶ月でもしっかり保湿でお肌のケア

 

生後4ヶ月周辺は、先程も行ったとおり乾燥が激化してくるシーズンでもありますので、コの時期の乳児湿疹をケアするためには保湿をしっかりとしてあげないといけません。

 

保湿の仕方などは大丈夫ですか?

 

乾燥本番の3,4ヶ月です。保湿もただ塗ればいいわけじゃなくてちゃんと効果がある塗り方だったり、肌が潤う保湿剤を使って上げる必要があるわけです。

 

 

保湿剤はちゃんと効果が有るのを選んであげて

潤わない保湿剤をいくら使っても意味がありません。

 

どれがいいのかについては赤ちゃんの体質に依存するので絶対これを使えば乳児湿疹がよくなるというのはないんです。

 

これだけ製品があるとどれを買えばいいのか迷ってしまいますし、場合によっては保湿剤の成分のせいで真っ赤に荒れちゃうこともあるくらいですからね。

 

慎重に選んであげたいところです。

 

 

当サイトのおすすめの保湿剤はこちらで紹介していますので、是非参考にしてください。
>>乳児湿疹におすすめの保湿剤ランキング