赤ちゃんにアトピタが合わないんだけど!

アトピタが合わない場合どうすればいいの?

 

アトピタは赤ちゃん用の保湿剤としてかなり人気のものです。

 

保湿力もとっても高いですし、サラサラしていて肌への馴染みがいいのでとっても使いやすいですよね。価格もかなり手頃なので入手自体はとっても楽です。

 

アトピタを使ったことがないという場合はぜひ使ってみてほしい製品です。

 

 

でもやっぱりアトピタが合わないというのはありえてしまうこと。
アトピタ自体は薬じゃないですから、絶対に直せるというわけではありません。

 

 

 

アトピタもあわないことはあるから仕方ない

 

いくら人気のアトピタとはいっても、残念ながら合わないということもあります。

 

これはアトピタに限ったことではなくどんな高い保湿剤だとしても一緒ですし、病院でもらえるものでも一緒です。すべての子供に合うものは現在はありません。もちろん今後はわからないですが・・・。

 

その子それぞれに体質の違いがあるわけで、これはたとえ親でもしかたがないことです。

 

そしてアトピタが悪いわけでもありません。実際アトピタがすっごい効果あるという人もいますからね。

 

 

アトピタを塗ったあとの症状は?

アトピタを塗った後、合わないとのことですがどういう状況でしょうか?

 

塗ってもカサカサのままならただ保湿ができていないだけならばまだいいのですが、アトピタを塗った結果真っ赤に荒れてしまったりしたら確実に成分が悪さをしています。

 

こうなってくると赤ちゃん自身もかなり辛いですから、病院に行ってみてもらったほうがいいです。病院に行く際はいつアトピタをつかったのか、そしてどういう症状が出始めたのかをメッもして持っていくといいでしょう。もちろんアトピタも持っていきましょう。

 

 

保湿剤を塗る時はパッチテストをしてから

アトピタが合わないということからわかったとおり、保湿剤には合う合わないがありますし、合わないものだと赤ちゃんの肌が逆にあれてしまうということもありますから、使うのには注意が必要です。

 

もちろん実際問題使ってみないとわからないのがむずかしいところ。

 

なので使うとき最初から全身に使わないで、まずはパッチテストしましょう。
赤ちゃんの二の腕にちょっとだけ塗ってみて24時間ほど放置して悪い反応がないならつかってOKです。

 

 

 

アトピタが合わないなら他のを使おう!

 

アトピタが合わないからといって保湿をしないわけにはいきません。

 

保湿をしなかったら赤ちゃんの肌がどんどん乾燥していってしまいますから、やっぱり保湿をしてあげる必要があります。といってもアトピタをそのまま使うわけにはいきません。

 

 

怖いのは、アトピタのように効果ないパターンですよね。

 

でもこればっかりはつかってみないことにはわからないので、先程紹介したパッチテストをつかいつつ赤ちゃん似合った保湿剤を探してあげましょう。

 

 

当サイトのおすすめの保湿剤はこちらで紹介しているので参考にしてください。
>>乳児湿疹におすすめの保湿剤ランキング