乳児湿疹の薬をやめたらまた出てきた・・・

乳児湿疹用の薬をやめたらまた発生・・・

 

乳児湿疹の症状が結構出てきたため病院から貰ったであろう乳児湿疹用の薬。

 

やっぱり赤ちゃんのときから薬を使う事自体にちょっととまどいはありますよね。
でも今の肌のまま赤ちゃんを放置するわけにもいかない。だからこその薬。

 

 

薬でやっと治ったと思いきややめたら出てきた時の失望感というかガッカリ感はとっても大きいです。

 

 

 

乳児湿疹の薬は自分の判断では止めないこと

 

今乳児湿疹につかった薬はおそらくお医者さんから正規に処方されたものですよね。

 

薬をやめたらまた出てきたとのことですが、「薬をやめた」というのはなぜやめたのでしょうか?お医者さんが薬をやめてくださいと言ってやめたのですか?それともあなたの判断ですか?

 

 

お医者さんから「薬をやめてください」と言われてやめてまた出てきたのなら、それはお医者さんに聞かないといけないですが、あなたの判断で薬をやめたのならまたでてきたのはあなたの責任です。

 

これはお医者さんが赤ちゃんの状態をみてきめたものなので、使い切ってと言われたらその通りつかわないと、そりゃまたでてきてしまいますよ。

 

 

ステロイドは症状をおさえているだけ

赤ちゃんに使うステロイドは肌の炎症を抑えるだけです。
例えば炎症だからけで赤ちゃんがかゆみを感じている場合、それを赤ちゃんが引っ掻いてしまって悪化していきます。

 

でもステロイドで症状だけを抑えておけばひっかくのを止められるので一応は防げますよね。

 

とは実際なおしているわけではありませんから、ステロイドをやめてしまえば再び湿疹はでてきます。

 

 

なので、役割としては症状をおさえつつ、本来の原因をケアしていくという感じですね。

 

 

しっかりとお医者さんの言うとおり使おう!

あなたが判断して薬をやめたりするのはやめてください。

 

お医者さんが使ってと言った範囲で使うこと。
使う量も守ること。
いつまで塗ればいいのかも守ること。

 

薬を処方された時にきっと使い方はいわれるはずですし、お医者さんから言われたことを忘れてしまったら絶対にもう一度聞きに行ってください。

 

 

 

原因にもよるけど保湿は大事。

 

薬をやめたらまた出てきているということは、乳児湿疹がでている原因自体が解決できていないということでもあります。

 

乳児湿疹が出る原因というのは一つではありません。
多いのは乾燥による湿疹ですね。

 

 

なので乾燥対策には保湿をして上げる必要があります。
お医者さんから薬を処方される時に保湿剤も一緒にもらっているのならそれをぬってあげてください。

 

何か市販の保湿剤を使ってと言われているのなら市販の保湿剤をつかって赤ちゃんの肌にうるおいを与えてあげましょう。
>>赤ちゃんにおすすめの保湿剤についてはこちら

 

薬はいい面もありますが、その効果は結構細かいです。
なので、素人の判断に頼らないようにしましょう。