乳児湿疹が良くなったり悪くなったり、どうしたらいいの?

乳児湿疹がよくなったり悪くなったりする理由とは

 

乳児湿疹がよくなったり悪くなったりをずっと繰り返して治らない現状はやっぱりいいとはいえません。

 

赤ちゃんの肌をどうにかしてあげたいとは思いつつも、正直あなた自身ちょっと疲れてきてるのではないでしょうか?
いくらやっても意味がないのでは?って気持ちが少しずつ大きくなっていきますよね。

 

 

治してあげたいという気持ちはあるわけですからどうにかしてあげたいところです。
一回治ると期待しちゃって悪化した時ほんと落ち込みますから・・・。

 

 

 

よくなったりわるくなったりするのは結構ある

 

良くなったり悪くなったりを繰り返すのは、赤ちゃんの体質的に考えてしかたがないことです。

 

赤ちゃんの肌はやっぱり弱いですから色々な外の影響を受けてしまいます。
母乳等が原因という人もいますが、確かなデータがないのでそれに関してはなんとも言えません。

 

 

普通にケアをしていて良くなったり悪くなったりするということは何かしらの変化があるということ。もしかしたら乾燥とかの乳児湿疹じゃないじゃないケースも考えられますが・・・。

 

普段何もしてないのに良くなったり悪くなったりするという場合はきちんとケアしてあげてください。

 

 

ずっと悪くて悪化しちゃうのよりかマシかも

ぶっちゃけ、ずっと治らなくてどんどん悪化してしまうよりかは良くなったり悪くなったりしている方がまだ症状は軽い事が多いのでいいのではと感じてしまいます。

 

赤ちゃんがあきらかに掻き壊しているとかダッタかなり悪い状況ですけどね。

 

 

ステロイドをつかってますか?

あなたがステロイドを赤ちゃんに使っている上で「良くなったり悪くなったりしている」というのなら、それはステロイドの使い方があっていない可能性もあります。

 

ステロイドというのは、治しているわけではなくてあくまでも炎症を抑えてくれている存在です。

 

なのでステロイドの使用をやめてしまえばまた症状が出てきます。ステロイドで炎症をおさつつ他のケアで原因となっているものを治すというのが使い方なわけです。

 

もしあなたが、ステロイドを使って治ったから使用をやめるという使い方をしているなら良くなったり悪くなったりして当たり前でしょう。治ってないわけですから。

 

それがお医者さんから教えられた使い方なら問題無いですが、あなたが自分で判断して使用したり止めたりしているのなら医者の使い方に従うべきです。

 

 

 

乳児湿疹のケア方法をかえてみよう!

 

良くなったりしているわけですから、ケアがまったく意味がないということはないはずです。

 

気候とか部屋の湿度などによっても症状が出たりすることはありますから、難しいところです。

 

 

あとは細かいところを見直していきましょう。
例えば洗い方なんかもそうですね。

 

洗いすぎて赤ちゃんの皮脂を落としすぎてないかとか、ちゃんと汚れは落とせているのかも大事なところ。

 

 

あとは、保湿剤も結構大切です。
乾燥しがちな赤ちゃんの肌に保湿は必要不可欠ですから、ちゃん効果が有る保湿をしてあげたいですね。

 

肌が乾燥しちゃえば湿疹を始めとした肌トラブルも起こりやすくなりますから乳児湿疹もでてきてしまうでしょう。

 

>>赤ちゃんにおすすめの保湿剤についてはこちら