乳児湿疹顔治し方

乳児湿疹にステロイドを使ったときの副作用について

 

乳児湿疹をどうにかするためにステロイドを使うという方法があります。
やはりステロイドというのにはあまりいいイメージをもたれていないという方は多いですよね。

 

ステロイドを使うことにより

  • 肌が黒くぶあつくなる
  • 免疫力が低下する
  • ステロイド依存症になる

など副作用があるとネットでは結構いわれています。

 

ステロイドを極力使いたくはないけども使わざるを得ない状況になるとその副作用について気になります。

 

 

医師の指示通りなら副作用は大丈夫

ステロイドは副作用があるから絶対に使わないほうがいい!
というのは実は間違った意見になります。

 

というのもステロイドは使ったら絶対に副作用があるというものではないんです。
ステロイドが必要な状態で病院に行くとステロイドを処方されるでしょうが、かならず容量、用法をいわれるはずです。

 

医師の指示に従ってきちんと行えば副作用を起こさずに湿疹等をケアすることができます。
ただし、医師の支持にしたがわずに自分のお母さん、お父さんの匙加減でやってしまうと危険ですね。

 

 

 

 自分の判断で行うのは禁物

お医者さんは今の状態でどらくらいの強さのステロイドをどれくらいの期間使うのかというのを計画立てて処方します。
そのためステロイドを塗ったら炎症が治まったらから使用を辞めた!渡河では当然治すことはできません。
再び同じような症状が発生するでしょう。

 

もし医者の言うとおり使って副作用が出たとしてもきちんと対策してくれます。
副作用を起こしたくないというのならばきちんとお医者さんの支持通りに塗ってあげてください。

 

自分の判断というのはぜったいにしないようにしましょう。

 

 

 

 

そもそもステロイドって?

ちなみにそもそもステロイドって何をしてくれるものかご存知ですか?
ステロイドの役割としてはその炎症等を治すというよりも抑えるというほうが近いかとおもいます。

 

乳児湿疹がひどくなったりするとかゆみを伴うことがあり、そこを赤ちゃんがかいてしまえば傷ができます。
その結果感染症等につながるわけです。

 

そうならないためにステロイドで炎症を抑えてあげるのがステロイドの役割になります。

 

 原因を原因を除去しているわけではない

炎症を抑えているわけですから原因そのものを除去しているわけではありません。
そのため例えば乾燥がひどくそれによりステロイドを使うことになったとしても乾燥自体もよくなるというわけではありませんよね。
乾燥を改善するためには保湿をしなくてはいけませんからステロイドだけではそれはできません。

 

ステロイドが必要と判断されたならばきちんと使ってあげてください。
怖がってつかわないと逆に赤ちゃんをくるしめてしまうかもしれません。