乳児湿疹顔治し方

乳児湿疹はベビーローションでケアできる?

乳児湿疹のケアということでベビーローションがおすすめされることもありますよね。
正直大人からしたらベビーローションなんか普段の生活の中では使いませんから、本当に効果があるのか気になります。

 

乳児湿疹のケアとしてベビーローションは使うことが出来るのでしょうか?

 

ベビーローションとは

ベビーローションが乳児湿疹のケアに使うことが出来るのかどうかということの前に、まずベビーローションというものについて紹介しておきましょう。
ベビーローションの役割としては肌に潤いを与えるという効果が基本です。

 

含まれている成分だったり、さわりごごちなどはその製品によって大きくかわってしまいますので、なんともいえませんが、保湿のためにつかわれています。
ベビーローションはいわゆる乳液のようなものと考えてもらえればわかりやすいですね。

 

ベビーローションは赤ちゃんが使うために調整されている製品なわけです。
ただ、中にはベビーローションのせいで肌が真っ赤になってしまったということもあるようですので、使う際はその成分だったりをチェックした方がいいでしょう。

 

 

 

保湿効果で乾燥対策

では乳児湿疹に対して使うことが出来るのかということですが、乾燥による乳児湿疹を対策したいのならば使えるでしょう。
保湿効果がしっかりとある製品を選ぶことにより、赤ちゃんの乾燥を防げますのでお腹や頬などに出来る湿疹に対しては効果があります。

 

ただ、もちろん乾燥が原因ではないニキビ脂漏性湿疹などに使用してもそれほど効果はないでしょう。
保湿剤ではなく、ベビーローションを使って保湿をしている家庭もありますからね。

 

もちろん実際に効果があるかどうかというのはつかってみないことにはわかりません。
赤ちゃんごとに体質なども違いますし、きちんと部屋を加湿しているかどうかという違いもありますからね。

 

 

スキンシップとしても

ベビーローションの役割として個人的にはマッサージというのも重要におもいます。
ベビーローションを塗るとき、製品にもよりますが、やはり保湿剤よりも肌触りがいいことが多いですから、赤ちゃんとのスキンシップにはもってこいです。

 

沐浴後にベビーローションを塗る際、マッサージするようにぬることで赤ちゃんとのスキンシップを行えます。
もちろん保湿剤を塗る際にも行って欲しいことではあるのですが、これが結構重要で赤ちゃんがお母さんに愛されているという気持ちを感じるンです。
お母さんの方にも母性本能を芽生えさせるというメリットがあります。

 

そして精神的なことだけなく、赤ちゃんの結構をよくしたり、体の変化にも気付くことが出来るメリットがあるんです。
ベビーローションを使う際はしっかりと赤ちゃんとスキンシップをとってあげましょう。