新生児ニキビは洗うだけじゃダメ!?保湿も大切!

新生児ニキビは保湿によってマシになる?

赤ちゃんに起こる新生児ニキビ。
ブツブツとしていて結構かわいそうですよね。

 

新生児ニキビの治し方といえば、『石鹸、ボディソープでよくあらってあげること』
病院だったりネットでもよくいわれています。

 

 

普通に洗っていて収まってきた!という方はいいのですが、なかなか洗うだけではうまくいかない家庭も多いようです。

 

 

 

ニキビも保湿したほうがGOOD!

新生児ニキビの原因は、過剰に分泌されている皮脂です。

 

これは一時的なもので、無理矢理止めるということはできません。

 

 

もちろんこの皮脂を石鹸を使って毎日洗ってあげることはとても有効な手段です。

 

ですが実はここに落とし穴があって、洗ったあとに保湿をしないと皮脂がより多く分泌されてしまう可能性があります。

 

 

一応体質的に過剰に出ている期間なので、皮脂が出るのを正常に戻すことはできませんが、今よりも多少は改善することができるでしょう。

 

(※ちなみに過剰に皮脂が出るのはだいたい3か月までといわれています。もちろん個人差はありますが。)

 

 

 

洗ったことで皮脂がたくさん出る!?

洗うことによって新生児ニキビの原因となっている皮脂が落ちるわけですが、実際のところ落ちすぎてしまうんです。

 

皮脂は本来乾燥を防ぐためにあるものです。

 

今はちょっと過剰に出ていてニキビの原因になってしまっていますが、無かったら乾燥がひどくなってしまいます。

 

 

石鹸、ボディソープによって皮脂をほぼすべて取ってしまうとどうなるでしょうか?

 

皮膚にとって乾燥は敵なので、体は乾燥から皮膚を守ろうと皮脂を分泌させてしまいます。

 

 

過剰に分泌される皮脂と、石鹸で落としたことで余分に分泌されてしまった皮脂。

 

これにより新生児ニキビは悪化してしまうんです。

 

 

 

洗ったらきちんと保湿!

とはいっても、ケア方法は簡単。

 

新生児ニキビを洗ったあとに保湿をしてあげればいいだけです。

 

沐浴で赤ちゃんを洗ったあとはもちろんですが、日中なんか皮脂がすごくてベトベトしてるときなんかに洗った場合も塗ってあげましょう。

 

 

塗り方自体は、とりあえずこすらないこと。
塗りこむようにゴシゴシすると逆に肌にダメージを与えてしまいます。

 

なので、保湿剤をポンポンと押し当てるように、パフを使うようにやってあげるといいかと。

 

 

保湿剤は何を使う?

赤ちゃんに使う保湿剤ですが、今現在使っているものが赤ちゃんの肌に合っているようならばそれでOKです。

 

もちろんワセリンが合わない!とか化粧水はよくないなどもありますけどね・・・。

 

 

塗っても赤ちゃんの肌が荒れず、きちんと保湿が出て着るならそれが一番でしょう。

 

ただ、どういう保湿剤がいいのか迷っている方も多いはず。

 

 

新生児ニキビの期間が終わると、今度は皮脂があまり出なくなり乾燥がひどくなります。

 

その時のためにもきちんと保湿効果があって、赤ちゃんの肌にも合うものは探しておきたいですね。

 

 

こちらのページで人気の保湿剤を紹介しているので、どんな保湿剤がいいのか悩む・・・という方はチェックしてみてください。
>>乳児湿疹におすすめの保湿剤ランキング