赤ちゃんにステロイドは使いたくない!そもそもステロイドって・・・

赤ちゃんに使うステロイド。本当に使わないほうがいいの?

ステロイド!
と聞くとちょっと怖いイメージありますよね。

 

ステロイドを使えば確かに、今の乳児湿疹とか肌トラブルを一発で抑える事ができるかもしれない。

 

ただやはりよく言われている『副作用』のこともあります。
湿疹を治したいけど、ステロイドも怖い・・・

 

 

 

ステロイドの副作用ってどうなの?

「ステロイドは副作用などが怖いから使いたくない」

 

では実際に、ステロイドにどんな副作用があるか知っていますか?
なんとなく副作用が怖い・・・というイメージばかりがないでしょうか。

 

 

もちろん、実際副作用と呼ばれるものもありますし、お医者さんによっても『ステロイドなんかもってのほか!』という方もいるでしょう。
(保湿もダメ!石鹸もダメ!なんて意見もあるくらいですからね・・・)

 

 

でも実は、使い方をきちんと行えば別に危険なものではありません。

 

 

 

ステロイドの役割

ステロイドは湿疹などを治すというようりも『症状を抑える』というのが効果です。

 

赤ちゃんの湿疹がひどくなれば、湿疹もぐじゅぐじゅになってきて、感染症なども可能性も出てきます。

 

何よりかゆみを感じれば赤ちゃんがひっかいてしまうでしょう。
大人なら我慢できても赤ちゃんにそれは厳しいですから・・・

 

 

ステロイドによってその症状さえ抑えてしまえば、それ以上悪化するのを防げます。

 

 

ただし、あくまで症状を抑えているだけなので、
『ステロイド使ったら症状がなくなった!治った!もうステロイドつーかわない!』
とやると再び症状は発生してしまうでしょう。

 

 

なぜならば、原因となっていることが改善されていないから。

 

アレルギーや乾燥など赤ちゃんの肌荒れの原因となっていることをどうにかする必要があります。

 

 

 

 

ステロイドの使い方

 

お医者さんから処方してもらったステロイドはきちんと使う日数なども決められているでしょうから、それにしたがいましょう。

 

 

もしお医者さんに診てもらったけど心配・・・という方は他の違う病院でも見てもらえば他のお医者さんの意見も聞けますから参考になるはずです。

 

いわゆるせセカンドオピニオンというやつですね。

 

 

 

 

ステロイドの前にきちんと保湿!

まあでも
『ステロイドは大丈夫!』
といわれてもやっぱりちょっとした怖さはありますよね。

 

 

現在の赤ちゃんに起こっている湿疹が乾燥によるものならきちんと保湿をしてあげましょう。

 

とはいっても保湿剤ならなんでもいいというわけではありません。
保湿剤の中には赤ちゃんの体に合わないものもありますし、場合によっては症状が悪くなるケースも・・・

 

 

赤ちゃんは今乾燥しやすく肌が弱い状態ですから、きちんと保湿力があり肌に優しい保湿剤をつかってあげてください。

 

赤ちゃんの敏感肌におすすめの保湿剤を見る

 

 

今使っているものが効果ありそうならそれでもOKですが、ちょっと微妙そうなら変えてみるのも手ではないでしょうか。