赤ちゃんの顔を洗いすぎてる場合は注意!

顔の洗いすぎは湿疹の原因になるかも

 

乾燥しがちな赤ちゃんの顔を見ると、カサカサした肌を見ることになるのでかわいそうな気持ちの反面そういう肌にしてしまっている自分自身を責めてしまいます。

 

顔の乾燥となるとやっぱり顔を洗いすぎているのでは?と考えてしまいますがどうなのでしょうか。
私達も顔を洗った後乾燥しているのを感じますからそれを考えると赤ちゃんの弱い肌へはかなりのダメージになっているように感じます。

 

 

洗うのがだめだとは言いませんがやっぱり「○○しすぎ」というのは何においてもよくないですからね。

 

 

 

洗いすぎはどの程度かによる

 

赤ちゃんの顔を洗う事自体は問題ないですし、むしろ洗ってあげないと時期によっては乳児湿疹の原因にもなる問題です。

 

赤ちゃんには皮脂がたくさん出る時期が生後すぐから3ヶ月ぐらいまであるんですが、その間Tゾーンからは結構皮脂が出るためこれが詰まって新生児にきびを起こしたり固まって脂漏性湿疹を起こします。

 

これはこれで大変なんで洗わないといけません。
そしてそれ以外にも目やにとかありますし、意外と赤ちゃんの顔は汚れやすいんですよね。

 

 

ただやっぱり洗いすぎはよくない

赤ちゃんの顔が乾燥していると言う場合はやっぱり洗いすぎの可能性はあります。

 

いくら汚れを落とさないといけないとはいっても顔の乾燥を防いでくれている皮脂まで落としてしまっては赤ちゃんの肌は乾燥しがち担ってしまいます。

 

 

洗罠すぎもダメ出し、洗いすぎもだめというママとしてはとってもむずかしいとこですが、これの調整は赤ちゃんの様子を見ながらやっていくほかありません。

 

 

石鹸を使わずにぬるま湯ぐらいのお湯だけをつかって洗っているという人もいますし、一日一回ベビーソープで洗ってあげている人もいますから色々ためしてみてください。

 

 

 

洗った後の顔の保湿を忘れずに

 

結局のところ、赤ちゃんの皮膚を洗う必要はあるわけです。

 

でもどんな洗い方をしたとしても、大なり小なり皮膚の乾燥は起きてしまいます。大事なのはその乾燥をどうやってケアしてあげるのかということでしょう。まだ未発達の赤ちゃんの肌に乾燥するな!というのは無理ですから。

 

 

乾燥を防ぐために大切なのはやっぱり保湿です。

 

赤ちゃんの顔を洗ったらそれが日中でも夜でもしっかりと保湿をするように心がけてください。

 

 

使う保湿剤に関しては、赤ちゃんの肌にしっかりとあっているものですね。
これは顔に限らず体とかも一緒です。

 

保湿ができてない保湿剤をいくら塗ったとしても意味ないので顔はどんどん乾燥していきます。

 

 

あと、顔に塗るわけですし、口に入っても大丈夫な物を選ぶと安心でしょう。基本的に赤ちゃん用のものなら大丈夫だとは思いますが・・・・。

 

>>赤ちゃんにおすすめの保湿剤ランキングはこちら