赤ちゃんの乾燥肌って何も塗らないのがいいの?

赤ちゃんの乾燥肌に何も塗らないのはあり?

 

赤ちゃんの乾燥肌について調べると何も塗らないほうがいいという意見も出てきます。

 

何も塗らないというのは、つまりなにもケアをしないということ。赤ちゃん自身のお肌のケアを一切しないということ。

 

赤ちゃんの自分自身の肌の能力にかけるということですね。

 

 

普通は乾燥肌に保湿剤を塗ることが当たり前になっていますが、それをあえてせず赤ちゃんの肌の強さを鍛えるという感じなのでしょうか。

 

 

 

乾燥肌で何も塗らないのは危険

 

乾燥肌でカサカサの状態の肌を放置するというのははっきり言ってかなり危険です。

 

乾燥しているということは、それだけ赤ちゃんの肌が弱っている状態。湿疹にもなりやすいですし、アトピーの子の場合アレルゲンが入りやすくなるとも言われています。

 

 

乾燥肌の状態でお医者さんに連れて行ったら『ちゃんと保湿してね』といって保湿剤を処方されたり市販のものを購入することを推奨されるはずです。

 

赤ちゃんの自分自身の肌の強さで治すというのはかなり大変ですしそれよりもの肌へのダメージがでかいです。

 

 

 

何もぬらないかどうかあなたの判断

もちろん結局のところ乾燥肌の状態に何も塗らないのかどうか選ぶのはあなたですし、赤ちゃんがひどいことになってもあなたの責任です。

 

実際お医者さんにいくら保湿をしないさいといわれても、ずっと「赤ちゃん自身の治癒力でー」といって保湿をしない人もいますからね。

 

私は保湿をするべきだとかんがえていますし、多くのお医者さんもそう考えていることでしょう。

 

 

正しい情報を見極めることが大事

赤ちゃんに人が作ったものを与えない自然派的な考え方をしている人もいます。

 

そしてそういう人のブログを見ると、乾燥肌に何も塗らないで治ったと書いていることもあるでしょう。でもそれはその赤ちゃんの話。そしてその赤ちゃんとあなたの赤ちゃんは違います。体質も住んでいる環境も。

 

 

何も塗らないほうがいい。保湿をしたほうがいい。色々な意見があって迷ってしまうと思いますが、まずはきちんと医学の知識があるお医者さんの指示を仰ぐことが先決ではないでしょうか。

 

 

 

乾燥肌の赤ちゃんにはたっぷり保湿できるものを

 

乾燥肌のことでお医者さんから市販の保湿剤を使ってくれと言われたなら、使う保湿剤を選ばないといけません。

 

保湿剤とはいっても色々種類がありますからどれをつかえばいいのかという問題もありますし、赤ちゃんにあっていないと乾燥はケアできませんから赤ちゃんの肌がたっぷり潤うものを使ってあげてほしいです。

 

 

「これを塗れば絶対乾燥肌よくなるよ!」というのがないので、実際に塗ってみて判断するしかありません。

 

とはいってもどれをつかえばいいのかってわかりませんよね。

 

当サイトのおすすめについてはこちらのページで紹介していますので、是非チェックしてみてください。
>>乳児湿疹におすすめの保湿剤ランキング