乳児湿疹のケアに石鹸使わないのはあり?

石鹸使わない乳児湿疹のケアについて

 

乾燥による乳児湿疹は赤ちゃんにとっても起きること。カサカサ肌の状態の赤ちゃんをみるのは辛いです。

 

乾燥するということは皮脂がたりていないということにもつながるわけですが、そうなってくると石鹸で体を洗うというのも考えちゃいますよね。

 

石鹸を使うことによって、洗浄力にもよりますが皮脂は落ちてしまいますからそのせいで乳児湿疹につながると考えるとむしろ石鹸を使わないほうがいいのでは?と考えるのが普通です。

 

 

 

皮脂の落としすぎは確かによくない!

 

やっぱり赤ちゃんの皮脂を落としすぎてしまうのは問題があります。皮脂がたくさんでる生後3ヶ月ぐらいならまだしもそれ以降の乾燥シーズンはただでさえ皮脂もあまりでないわけですからね。

 

実際に石鹸を使わないという選択肢を取っているママも結構見かけます。まあ乾燥というより科学的な物を使いたくない!という理由で石鹸を使わない人もいますけど・・・。

 

お湯だけで洗っているという人もいれば、沐浴剤を使っている人もいますね。

 

 

石鹸を使わないせいで悪化するこも

石鹸を使わないというのが必ずしもいい方向に転ぶわけではありません。

 

石鹸をつかうメリットというのは汚れをしっかりと落としてくれること。では石鹸を使わない場合汚れが落ちなかったらどうしますか?赤ちゃんの小さい未熟な肌とはいえそれ相応に汚れますし、それを落としてあげないと雑菌が繁殖したりすることにつながります。

 

またかぶれなどを起こすケースもあったりするので、必ずしも石鹸を使わないことがいいわけではないんです。
使う人にはそれなりの理由があります。

 

 

 

石鹸を使わないか赤ちゃんの体質による

 

乳児湿疹のケアにおいて、石鹸を使うか使わないかの問題は、赤ちゃんによって大きく変わりますしあなたが赤ちゃんを育てている環境なども影響してくるでしょう。

 

一番安心なのはやっぱり信頼できる病院で診てもらうことです。何か知らんお汚れが悪い影響を与えているのならそれを指摘してもらえますし、どうすれば今起こっている乳児湿疹をケアできるかもわかるでしょう。

 

 

ネット上の記事の中に石鹸を使わない事がいいことのように書いてある記事もありますが、必ずしもそれが正しいとは限りませんので、赤ちゃんにあったケアをしてあげましょう。

 

 

肌の乾燥はしっかり保湿

 

石鹸を使って汚れをを落とした後は、その肌が悪くならないように保湿をしてあげてください。

 

石鹸を使った後の乾燥をそのまま放置してしまうのが一番最悪なので、ここできちんと保湿をできているかいないかというのはかなり大きいです。

 

保湿の仕方などはむずかしくないですし、赤ちゃんとママが触れ合う時間でもあるので、赤ちゃんに話しかけたりして楽しみながらできたらいいですね。
ママがお風呂に入りつつなら旦那さんにやってもらうのもありかと。

 

 

使う保湿剤は病院から処方サれているならそれでもOK。

 

市販のものを使う場合は、赤ちゃんの肌似合ったものを選んであげてください。またちゃんと保湿効果がないとだめですし、逆に保湿剤の成分で荒れたりしないよう注意しましょう。

 

 

おすすめとしては、今話題になっているアロベビーですね。
ローションタイプですがちょい固めのテクスチャでつかいやすかったです。
>>アロベビーを使って乳児湿疹ケア!レビューしてみた!