乳児湿疹顔治し方

母乳の質は乳児湿疹に影響しちゃうの?

 

赤ちゃんの栄養となっているお母さんの母乳。

 

お母さんとしては胸がはったり、痛かったりで大変ですし、栄養がそっちに行ってる感もすごいあるんですけど、やっぱり赤ちゃんにとってはとても大事なものです。

 

赤ちゃんは母乳しか栄養源がないわけですから母乳の質というものも大きく赤ちゃんに影響してきます。
(粉ミルクなどもありますが・・・。)

 

では乳児湿疹にはどれくらいの影響が出るのでしょうか。

 

これについては結構難しくて・・・
『まったく関係ない』というわけでもありませんし、『母乳が悪いから湿疹が出ていない』ともいえないような感じです。

 

 

 

乳児湿疹を起こしている原因はいくつかありますし、メインとなっているのは乾燥と皮脂。
多くの乳児湿疹はこの二つをきちんと改善してあげれば自然と乳児湿疹は収まります。

 

まずはそこのケアが大切ですね。
乳児湿疹の洗い方を解説!
乳児湿疹がカサカサ乾燥してる!そんなときのケア方法

 

 

ただ、母乳によって肌荒れをおこしたという人もいますからあながち影響が出ないわけではないかもしれません。

 

まあ、ただ質の悪い母乳を赤ちゃんに飲ませることによって赤ちゃんに悪い影響が出るのは確かです。

 

 

 

 

質の悪い母乳を作る食事

  • 揚げ物
  • 肉類
  • お菓子
  • 菓子パン
  • チョコレート
  • ケーキ

 

これらの食べ物はあなたの母乳の質を低下させてしまいます。

 

まあでもぶっちゃけおいしいものばっかりですよね。
お菓子とかもついついつまんじゃいますし、それこそ肉とか揚げ物なんか好物という人も多いはず。

 

 

母乳というのはもともと血液です。
赤くはないですけどね。

 

健康診断とかでも聞いたことあるとおもいますけど、血液ってドロドロやサラサラと表現されます。

 

ドロドロが悪くてサラサラがいい血液なんですが、ドロドロの血液だと母乳にとろみというか粘り気みたいのが出てしまい味も落ちるんです。

 

喉につっかえるような甘ったるい母乳だったら赤ちゃんだって拒否しますよ。

 

 

血液をドロドロにするのはコレステロールを増やす食べ物、上にあげた揚げ物を食べてしまうことで母乳の質が下がってしまいます。

 

 

 

母乳が詰まることも

脂肪分が多いものばっかり食べるとそれば母乳の中に出てきて、母乳が詰まる原因になります。

 

赤ちゃんがすっても母乳はでないし、詰まることで炎症を起こしてしまうわけです。

 

お母さんに痛みがあるしこりができたり、急な発熱、おっぱいの痛みなどを感じたら母乳がつまったことによる『乳腺炎』をおこしてるかもしれません。

 

 

平均的な数字ですが、母乳で育てているお母さんのうち2~3割は乳腺炎になるといわれています。

 

まあ我慢できずに食べてしまうこともありますが、できるだけ食事は母乳良い野菜や魚などを中心nにとるようにしましょう。
いわゆる日本食が最適です。

 

 

 

カフェインの影響は?

母乳で育てるとき、カフェインはNGとよく言われます。

 

というのもカフェインをとると少なからず母乳にでてきてしまい、赤ちゃんの体内にはいってしまいますからね。

 

当然何かしら赤ちゃんへの影響はあるでしょう。
コーヒーとかココアとかおいしいですが、赤ちゃんのことをかんげるとカフェインの摂取は抑えたほうがいいです。

 

 

 

母乳が赤ちゃんの乳児湿疹に完全に影響があるかといわれたら、そうとは言えませんがよくない影響があるのは確かです。

 

でも乳児湿疹に影響があるかどうかわかりませんが、質のいい母乳をつくるための食事は心がけておいたほうがいいでしょう。

 

 

母乳の質を悪くする食べ物を見てみるとおいしい食べ物が多い!
正直これらを完全に我慢するというのは至難の業ですし、ぶっちゃけストレスもたまります。

 

もちろんがつがつそれらを食べるのはよくないとは思いますが、どうしても食べたいときは少しつまむくらいは大丈夫なはずです。