沐浴剤は洗い流さないのがいいの?正しい使い方

沐浴剤は洗い流さないのが正しい?

 

沐浴剤を使う時に気になるのが、赤ちゃんの体を洗い終わった後にすすがなくていいのか?ということ。

 

普通石鹸で体を洗ったら、シャワーなどを使ってさーっと泡を洗い流します。

 

 

汚れを落としたお湯を使っているわけですから、洗ったほうがいいような気はしますが、実際はどうなのでしょうか。

 

 

 

基本的には洗い流さなくてOK!

沐浴剤を使っている場合、基本的には沐浴剤を洗い流さないでOKです。

 

そもそも『洗い流す必要なし!』『滑らないから簡単!』
などが沐浴剤をメリットですからね。

 

 

もちろんこれは私の意見とかではありません。
実際に沐浴剤の中でも一番有名な”スキナベーブ”の公式サイトにもこのように書いてあります。

 

Q.すすがなくて大丈夫?肌に残っても大丈夫?

スキナベーブは、すすぎ・上がり湯の必要がないのが特長です。そのため、肌に残っても大丈夫なようにつくられています。また、肌に残った成分が、あせもや湿しんなどを防ぐ効果もあります。
スキナベーブ公式サイト

 

 

もちろん沐浴剤=すべて洗い流さなくてOK!
というわけではなく、あくまでスキナベーブでの話。

 

 

スキナベーブ以外のものを使っている方は箱などの使用方法をチェックしてみてください。

 

 

洗い流さなくていい理由

スキナベーブのところにも書いてありましたが、成分的に洗い流さなくても問題ないそう。

 

むしろその成分が肌に残ることで意味があるそうです。
温泉なんかと似た感じでしょうね。

 

 

 

洗ってる水自体が汚れてない?

沐浴剤の成分が肌にいい。
というのは十分わかりました。

 

ただ、気になるのが赤ちゃんを洗った汚れも一緒になっているお湯で洗っているということ。

 

せっかく洗ったのにまた汚れが肌についてしまうのではと不安になりますよね。
色々調べてみましたが、この疑問については書いてありませんでした。

 

 

沐浴剤は洗い流さない!といわれていますが、個人的には普通にシャワーなどで洗い流しちゃってもいいかと。

 

実際、ベビーバス以外にすすぎ用のお湯を用意していたりしてすすいじゃってる方も多いですね。

 

 

 

肌に合ってないと肌荒れする可能性も

ちなみに赤ちゃんの肌に合っていない場合、沐浴剤が肌に残っているとよりひどく肌荒れをおこしてしまいます。

 

つかってみないことには合ってるかあっていないかわかりませんが、沐浴剤で洗っていて肌が赤くなったりしたらその沐浴剤の使用はやめましょう。

 

 

 

そもそも沐浴剤をつかうことにくくる必要もありません。

 

赤ちゃん用のベビーソープなら成分なども心配ありませんし、赤ちゃんの汚れを落とせます。

 

 

赤ちゃんってよだれとかもそうですし、うんちや食べこぼし、汗、皮脂など結構汚れやすいですからね。

 

石鹸を使った洗い方についてはこちらの記事が参考になりますので、チェックしてみてください。
>>参考になる赤ちゃんの沐浴動画5個まとめ!